分け目・頭頂部の薄毛対策におすすめの育毛剤3選

 

お肌が敏感な方

 

顔と頭皮は一枚肌なので、お肌が敏感・乾燥しやすい方は頭皮もデリケートな可能性があります。

 

ほとんどの育毛剤に含まれているアルコール成分(エタノール)は、刺激や痒み・かぶれ等の原因にもなり得るため、その辺が心配な場合は「ノンアルコール処方」の ≫ ミューノアージュ がおすすめです。

 

※アルコール成分を含む育毛剤 = 刺激が強い、というわけではないので、かなりの敏感肌でない限りは過剰な心配はいりません。

実際に分け目の薄毛が改善した女性専用育毛剤「マイナチュレ」

 

無添加育毛剤 マイナチュレ

 

育毛剤の詳細はこちら
≫ マイナチュレ 体験レビュー

 

高い血行促進作用が期待できる薬用育毛剤「花蘭咲(からんさ)」

 

今まで30種類以上の女性向け育毛剤を試してきた中で、血行促進作用を一番感じれた商品は、ずばり「花蘭咲」です↓

 

薬用育毛剤 花蘭咲

≫ 花蘭咲(からんさ)の詳細へ

 

薄毛の原因であるヘアサイクルの乱れは、「毛細血管」が大きく影響しています。

 

頭皮の下に流れる毛細血管は、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって血流が滞りやすく、また、加齢とともに血管が細くなっていきます。

 

(髪の毛の成長に必要な栄養素や酸素は、血液によって運ばれます。血行不良=髪の毛の成長も不十分に)

 

すると、髪の毛を育てる毛母細胞に十分な栄養が届かなくなり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄毛・髪質の悪化(パサつき・うねり)などの要因になってきます。

 

そういった要因を考慮すると、分け目や頭頂部の薄毛をより早く改善するためには、何よりも優先して「頭皮の血流」を改善する必要があります。

 

≫ 頭皮の血行促進と育毛剤選び

 

加齢・女性ホルモン減少による薄毛対策に「デルメッドヘアエッセンス」

 

女性ホルモンの減少と薄毛の関係に着目して開発された「女性向け薬用育毛剤」

 

デルメッドヘアエッセンス

≫ デルメッドヘアエッセンスの詳細へ

 

女性の薄毛の3大要因でもある「加齢による老化現象」と「ホルモンバランスの乱れ」。

 

年齢とともに女性ホルモンの分泌量は低下し、相対的に男性ホルモンの影響を受けやすくなっていきます。

 

女性の年齢とホルモンバランスの変化

(縦軸:ホルモンの分泌量、横軸:年齢)

 

 

女性ホルモン(髪の成長に影響を与えるのはエストロゲン)の分泌量は30歳頃をピークに徐々に減少していきます。

 

また、女性でも副腎や卵巣で男性ホルモン(テストステロン)は分泌されています。加齢による分泌量の低下は、女性ホルモンと比較するとかなりゆっくりしています。

 

そのため、更年期(45歳〜55歳)を過ぎた頃には、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量はかなり近い数値になっていきます。

 

→ 男性の薄毛の原因である男性ホルモン(テストステロン)の影響を受けやすくなり、抜け毛・薄毛の悩みが急増します。

 

詳細情報はこちら
≫ 加齢・女性ホルモン減少による薄毛の対策(効果的な育毛剤選び)

 

市販の育毛剤の効果に疑問・不安を感じる方へ

 

市販の育毛剤は医薬部外品のものがほとんどのため、十分な効果を得られる人・そうでない人、個人差がつきものです。

 

目に見えて効果が現れてくれれば良いのですが、ほとんど変化を感じない場合や、逆に症状が悪化していくような場合、不安を感じてストレスを抱えてしまう方もいます。

 

また、過去に市販の育毛剤による育毛ケアを試してみたけど、ほとんど効果を得られなかった経験がある方。

 

上記のような方は、一度、薄毛専門クリニックの医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

今では女性の薄毛治療を専門にしたクリニックも増えてきています。(無料カウンセリングあり)

 

≫ 薄毛治療クリニックの詳細はこちら