リアップリジェンヌの効果や副作用について

大正製薬 リアップリジェンヌ(育毛成分ミノキシジル配合の育毛剤「リアップ」の女性用)

 

この記事の目次
(タイトルクリックで該当部分へジャンプ)


 

 

関連記事

 


 

リアップリジェンヌはミノキシジル1%配合の女性用発毛・育毛剤(第1類医薬品、大正製薬)リアップレディの改良版となっています。

 

配合成分は、ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、添加物(1.3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール、ヒアルロン酸Na)。

 

成分の働き

 

ミノキシジル
→ 発毛、育毛、および脱毛の進行を予防する。

 

パントテニールエチルエーテル
→ 毛細胞に栄養を補給し、頭皮を健全な状態にする。

 

トコフェロール酢酸エステル
→ 皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する。

 

l-メントール
→ 頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える。

 

リアップリジェンヌは医薬品

 

第一類医薬品に分類される育毛剤のため、購入の際は、使用上の注意、効能・効果、副作用などについて薬剤師からの情報提供が義務づけられています。

 

これは楽天などのネットショップから購入する際も該当します。ネット通販でリアップリジェンヌを購入する場合は、年齢や性別、服薬、持病、妊娠中かなど10項目くらいの質問に対して、チェックボックスで答えるスタイルが多くなっています。

 

特に許可が降りるまで長い時間待つようなことはありません。ただし、その内容を薬剤師さんが見て、この状況の人には販売できないと判断した場合は、薬の使用許可がおりないケースもあるようです。

 

→ 通販サイトで購入する場合、注文画面に簡単な質問があり、それに答えてとりあえず注文を確定します。その内容を薬剤師さんが確認した後、返信メールが届きます。特に問題がなければそこで注文が正式に確定します。

 

価格について

本体価格5,658円(税込)に対して、大手通販サイトの取扱状況・最安値を調べてみました。

 

(最終確認日:2018年9月28日)

価格 送料 合計

(税込)

楽天市場

4,469円

580円

5,049円

Amazon

5,280円

無料

5,280円

Yahoo!ショッピング

4,357円

580円

4,937円

ケンコーコム

4,980円

無料

4,980円

マツキヨ

5,658円

無料

5,658円

LOHACO

5,378円

無料

5,378円

 

確認時の最安値(送料込み)はYahoo!ショッピングの4,937円でした。

 

リアップリジェンヌの効能・効果

 

リアップリジェンヌは女性の壮年性脱毛症(※1)に対して、効能・効果が認められた女性用の発毛・育毛剤。

 

そのため、病気や薬剤の副作用による急激な脱毛、円形脱毛症、産後の抜け毛などのケアには適していません。

 

特に20歳未満の方や妊娠中・出産後・授乳中の使用はNGです。

 

※1 壮年性脱毛症

 

壮年性脱毛症は一般的に遺伝性の抜け毛や薄毛のことを指します。

 

見た目の症状としては、男性の薄毛で多く見かけるように「生え際や頭のテッペン付近」が時間をかけてハゲていきます。

 

→ 女性の場合は、分け目・頭頂部・つむじ付近の地肌が透けて見える症状が多い傾向にあります。

 

(リアップリジェンヌの説明書より)

リアップリジェンヌの効能・効果

 

よくある誤解

 

リアップリジェンヌは、女性の薄毛を改善するために開発されましたが、生活習慣の乱れやストレス、間違ったヘアケアなどが原因で引き起こされた薄毛症状(びまん性脱毛症)のケアには適していません。

 

それから、使用するにあたり副作用を気にされる方が多くなっています。しかし、それ以前に自分の薄毛の原因やタイプの見極め、特に「壮年性脱毛症かどうか?」、ここが一番重要なポイントになります。

 

壮年性脱毛症は、男性ホルモンの影響によるところが大きいため、該当者の多くは男性です。しかし、女性でも発症します。

 

また、男性の薄毛のほとんどが「男性型脱毛症:AGA」に該当し、その女性版が「 ≫ 女性男性型脱毛症:FAGA」と呼ばれています。

 

無理なダイエット、パーマ・ヘアカラー、睡眠不足、栄養不足などが原因の一時的な抜け毛・薄毛ではなく、ゆっくりと何年もかかって進行し目立つようになる脱毛症(早い人だと20代から発症するケースも)

 

〜期の区分

 

厚生労働省の資料(健康日本 21)では以下の6つのグループに分かれていました。

  • 幼年期 (0〜4 歳)
  • 少年期(5〜14 歳)
  • 青年期(15 歳〜24 歳)
  • 壮年期(25 歳〜44 歳)
  • 中年期(45 歳〜64 歳)
  • 高年期(65 歳以上)

参考メモ

 

50代後半以降の加齢による薄毛は、壮年性脱毛症に該当しない可能性が高い。(自然な老化現象)

 

女性の薄毛で一番多い「びまん性脱毛症(頭髪全体がボリュームダウン)」と壮年性脱毛症は原因が根本的に違う。

 

壮年性脱毛症の発症は30歳〜40代に多い。(10代20代など若い年代の薄毛→若年性脱毛症)

 

親族からの遺伝の可能性

 

壮年性脱毛症は、主に働き盛りの30代後半から50代に発症します。

 

父親や母親の親族がこの年代の頃に以下のようなハゲ方をした場合は、その遺伝子を引き継いだ可能性は少なからずあります。

 

 

自分の薄毛タイプが分からない場合

壮年性脱毛症?びまん性脱毛症?休止期脱毛症?など、自分の薄毛がどのタイプか判断できない場合は、髪の毛専門の病院で診てもらうのも1つの選択です。

 

近年、女性の薄毛治療を専門としたクリニックも少しずつ増えてきていて、無料カウンセリングも実施しています。

 

専門医に相談した後、ミノキシジル育毛剤も処方してもらえるので、通販で購入するより安心感があります。

 

詳しくは
≫ 「無料カウンセリングあり」の女性専門 薄毛治療クリニック

 

リアップリジェンヌの効果が現れるまでの期間

 

医薬品の発毛剤だからといって、塗って短期間で毛が生えるというわけではなく、時間をかけてヘアサイクルを改善し健康的な髪の毛の成長を促します。個人差はありますが6ヶ月以上の使用が推奨されています。

 

効く人・効かない人

 

リアップリジェンヌは「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」を目的とした育毛剤のため、壮年性脱毛症に該当しない場合は効果を得ることができません。(副作用のリスクだけ残ることに)

 

女性の薄毛の原因や症状は人それぞれで違うため、あくまでも参考情報ですが、壮年性脱毛症かその他の脱毛症かの見分け方として、

  • 20代後半〜40代の方
  • 頭のテッペン付近だけ極端に薄くなった
  • 父親が壮年性脱毛症(加齢による薄毛は除く)

主に、年齢と薄毛の部位での判断が多くなっています。

 

前髪・おでこ付近の生え際は改善しにくい傾向

 

リアップの有効成分ミノキシジルは、血管を拡張し血行を促進、それにより健康な髪の成長を促すのが主な作用です。

 

そして、頭頂部や後頭部など他の部位と比べて、生え際の皮膚下に流れる毛細血管は少ない。

 

この2つを考慮すると、もともと血管が少ない生え際付近は、ミノキシジルの血管拡張作用の影響がでにくいと言えます。

 

実際に、リアップリジェンヌや男性用のリアップX5使用者の口コミやレビューでも、
「頭頂部の薄毛はそれなりに改善したが、前頭部は薄毛の進行を遅らせる程度で、目に見える発毛効果は感じられていない」
というような内容が多くなっています。(個人差はあると思います)

 

とは言え、生え際の薄毛にまったく効果がないわけではありません。
「太い毛が生え揃うまではいかないけど、産毛のような細い短い毛は生えてきた」
このような書き込みは多く目にするので、あきらめずにケアを続ける価値はありそうです。

 

※生え際の薄毛が改善しにくい傾向は、他の育毛剤使用時でも同じことが言えます。

 

リアップリジェンヌの副作用

 

メーカーの臨床試験での主な副作用は、「刺激感、接触性皮膚炎(かぶれ)などの皮膚症状」でいずれも治療を必要としない軽度又は中等度なもののようです。

 

また、ネット上の口コミや体験談などをみると、頭皮のかゆみ・フケなど皮膚系以外にも頭痛、めまい、動悸、胸の痛み、体重の増加、手足のむくみなどの症状が現れる可能性も稀にあるようです。(育毛剤の使用が直接の原因になったのかはハッキリとはしていません)

 

副作用の発症率や具体的な症状などは個人差もありますし専門的なことなので、決して、身近な人やネットの口コミで大丈夫だったから私も大丈夫だろうなどと決めつけずに、リアップリジェンヌ取扱店の薬剤師さんに問い合わせてみましょう。

 

敏感肌の方は刺激・かぶれに要注意

 

頭皮地肌が敏感な方は、アルコール含有量の多い男性用や刺激の強いミノキシジル配合育毛剤の使用は、極力避けたほうが無難です。

 

個人差はありますが、かぶれ・赤みなどの頭皮トラブル発症の可能性が高い傾向にあります。(頭皮が強い人と比べて)

 


自分の頭皮が敏感肌(刺激に弱い)かどうか分からない場合は、頭皮以外のお肌が敏感肌・乾燥肌かどうかである程度判断できます。

 

→ 頭皮も顔もカラダも同じ一枚の皮でつながっています。そのため、顔や手などが「乾燥しやすい・刺激に弱い・かぶれやすい・アレルギー」という方は、頭皮地肌も同様に弱い可能性があります。

 

この育毛剤なら安心

 

副作用の発症を少しでも減らすために

 

説明文書の通り1日2回の使用を守る。早く効果を出したいからと回数を増やしたり、多めに塗ってしまうと副作用の発生頻度を上昇させてしまう可能性があるようです。リアップリジェンヌを使用の際は、説明書の用法・用量を守りましょう。

 

▼ リアップの使用を中止すると抜け毛が増えるって本当?

女性の薄毛対策に関する掲示板やQ&Aサイトをみていると、「リアップリジェンヌの使用を中止すると余計に抜け毛が増える(薄毛が進行する)から怖い。」というような書き込みをよく見かけます。

 

この症状は、リアップ以外の育毛剤でも起こり得ることで、副作用というわけではありません。

 

原理は単純で、髪の成長を促していた育毛成分のサポートがなくなることで、育毛剤を使用する前のヘアサイクルや頭皮環境に戻ってしまうからです。

 

出産後やストレスなどによる一時的な脱毛に対して育毛剤を使用する場合は、体調が落ち着いたら使用を中止しても大丈夫。(体調とともに髪の成長サイクルも元に戻る)

 

でも、加齢による老化現象など、体力や髪の成長力が根本的に弱ってくる年齢(一般的には40歳以降)になると、自力で昔のような毛量をキープすることが難しくなってくるため、育毛剤などの効果に頼ることになります。

 

 ↓

 

薄毛対策をあきらめない限りずっと育毛剤を使い続ける必要がある。

 

 ↓

 

長く継続して使用するものなので、化粧品と同様に「自分の頭皮環境に合うかどうか」、頭皮に塗布したあとの刺激の有無や、かゆみが出ないかなど使用感も要チェックです。

 

 

 

効果・使用感のバランスの良さで育毛剤を選ぶなら

リアップリジェンヌの使用感レビュー

 

内容量60ml、フタを外すと本体部分は結構小さいです(外見では育毛剤と分からない)

まずは塗布する準備。●印が「計量」の位置にあることを確認します。

 

その状態でボトルを逆さにすると、先端の空洞部分に適量が溜まります。

向きを戻し適量を確認したら、●印を「塗布」の位置に合わせて塗布します。

 

先端部分を頭皮に押し当てる度に少量ずつ出てくる仕組みになっているので、ちょん、ちょん、ちょん、とリズムよく頭皮全体に塗布できます。

 

他の育毛剤のように液だれする心配がないので、この容器は育毛剤の中で一番塗布しやすいと思います。(特に前髪や生え際付近に使うとき)

 

液体

 

中の液体は、ほぼ透明でサラッとしている感じです。

 

ニオイは?

 

塗布する前の液体に鼻を近づけて嗅ぐと、わずかに成分自体のニオイはありますが、無香料なので塗布後に臭うことはありません。

 

頭皮に塗布した感触は?

 

メントールの影響で塗布後の数分間、かなりスースーした清涼感があります。でも、刺激は感じません(刺激の感じ方には個人差あり)

 

塗布後の頭皮の状態は?

 

特にベタつくことはなく、かゆみもありません。(かゆみの有無に関しては個人差あり)

 

購入前のチェック:使用NGのケース

  • 20歳未満の人
  • 妊婦・授乳中
  • 妊娠・出産に伴う脱毛
  • 避妊用ピルでの脱毛
  • 円形脱毛症
  • 頭髪以外の脱毛
  • ダイエットによる脱毛
  • 頭部全体が脱毛している
  • 急激に脱毛している
  • 髪型による脱毛
  • 男性
  • 頭皮に湿疹、炎症など異常がある
  • 過去にこの商品でアレルギー症状を起こした

上記に該当する場合は全てNGとなっています。

 

完全にNGではないが、使用を控えたほうがよい、
または、医師や薬剤師に相談してからのケース

  • 脱毛部分が広範囲
  • 家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症(遺伝性の抜け毛や薄毛のこと)の人はいない
  • 高血圧・低血圧で現在治療中。狭心症など心臓に障害がある
  • 薬や化粧品などによるアレルギー症状(発疹、発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことがある
  • 甲状腺機能障害の診断を受けている
  • 65歳以上の方

 

セルフチェックで使用NGだった方へ

 

産後や薄毛の症状、年齢などでリアップリジェンヌを使用できない方でも、安心して使えて効果も期待できる育毛剤はあります。以下をお読みになってみてください。

 

副作用が心配…でも薄毛を改善したい!

 

医薬品の育毛剤使用による副作用が心配な方は、まず先に医薬部外品の女性用育毛剤を試してみるという選択もあります。

 

育毛剤だけで健康な髪が育つわけではないので、正しいシャンプーや健康的な食事・運動など前提となりますが、よくみられる女性の抜け毛・薄毛は医薬部外品の育毛剤による頭皮の血行促進や栄養補給程度でも改善する可能性は十分あります。

 

そして、医薬部外品の育毛剤なら副作用の心配はほとんどいりません。

 

副作用の心配がなく、効果も高い育毛剤とは?

 

このページでは、ミノキシジル配合のリアップリジェンヌに興味はあるけど「副作用が心配」という女性向けに書いているので、前提条件として基本的に副作用の心配がなく、ミノキシジルのように育毛効果がある育毛剤をご紹介します。

 

その前に、「M−034」という言葉を聞いたことはありますか?

 

「M−034」は海藻に含まれている天然の成分。ワカメや昆布のような海藻のぬめり成分から抽出したエキスです。

 

ワカメは育毛に効果ある?なし?という話題は昔からありますが、これは、「M−034」の働きを指しているのかもしれませんね。(※ワカメを食べただけでは髪は生えません)

 

M−034は天然成分のため副作用のリスクはほとんどありません。そして驚くことに、ミノキシジルと同等の効果がある!という実験結果が出ているのです。

 

 

左がM−034で右がミノキシジル、縦軸が再生率で横軸が日数。ほとんど同じ位の数値ですね。

 

このスゴイ成分M−034を含んだ三石(ミツイシ)昆布を主成分に配合されているのが、女性用の無添加育毛剤「マイナチュレ」。

 

医薬部外品の育毛剤として厚生労働省の承認を取得し、薬事法による効能・効果が認められている信頼できる商品です。

 

マイナチュレ

≫ 商品詳細はこちら

 

 

女性のデリケートな肌を前提に作られた育毛剤なので、副作用の心配はありません。そのため、妊娠中・授乳中、20歳未満、薄毛の症状など、リアップリジェンヌの使用がNGだった方でもご使用できます。

 

公式サイトで詳細を見る ≫ マイナチュレ

 

管理人も効果を実感

見た目でハッキリ分かるほどの効果が!

≫ マイナチュレの体験レポート

 

年代別の育毛剤選び
関連してよく読まれている記事

 

ミノキシジル育毛剤を処方してくれる
女性専門の薄毛治療クリニックまとめ
≫ 記事はこちら