泡タイプの白髪染め「クロエベール」の効果を検証

クロエベール - 泡タイプのヘアカラートリートメント(白髪染め)- マイケア

 

クロエベールは、育毛剤の ≫ 花蘭咲 でもおなじみマイケアが販売する、泡タイプのヘアカラートリートメント(白髪染め)。

 

利用者の口コミを見てみると、

  • 泡タイプで液垂れしないからすごく使いやすい
  • 数回の使用でしっかり色が定着しました
  • 無添加なので敏感肌でも安心♪
  • 染色後の髪は潤っていてツヤもいい感じです

使用感や染まり具合の評判は上々のようです。

 

ただ、色々なメーカーの白髪染めを試している中で、口コミの内容は良いのに実際に使ってみると効果に疑問を感じることもありました。

 

そこでこの記事では、主に「白髪の染まり具合」と「色持ちキープ期間」に焦点をあててクロエベールの効果を検証していきます。

 

(今回使用したのはダークブラウンです)

 

まずは、容器タイプと中から出てくる泡のレビューから

 

容器はアルミ缶製。上下によく振ってから指先でワンプッシュして中の液体を出すタイプです。

 

独特な形状をした噴射口。

 

10回ほど上下に振って軽くワンプッシュするとモチモチの泡がでてきました。

 

市販の白髪染めだとニオイが気になるものも多いので不安でしたが、クロエベールの泡に鼻を近づけて嗅いでみると、アロマっぽい落ち着く香りで一安心。(ラベンダー&柑橘らしいです)

 

手のひらを逆さにしてもポタポタ垂れず、ずっと吸い付いています。

 

この吸着力のあるモッチリ泡なら、液だれを気にせず染色できそうですね。

 

クロエベールの「染まり具合」を検証

 

今回は、ヘアカラーテストで使われる人毛100%の白髪の束を使用して検証していきます。

 

はじめは3日連続で使用する

公式の説明をみると、「はじめて染められる場合は、3日ほど連続でご使用いただくことをおすすめします。」とありました。

 

カラートリートメントタイプの白髪染めだと、この辺の使い方はだいだい一緒ですね。

 

色をしっかり定着させるために、数日連続で染色します。

 

 

今回の検証では3日連続ではなく、「染める・10分間放置・しっかりすすぐ・しっかり乾かす」をしたあと、日光のあたる窓辺に2時間ほど放置、これを3回繰り返しました。(1日おきだと時間がかかりすぎてしまうため)

 

ですので、実際の染まり具合とは若干の誤差が生じる可能性があります。その点ご理解ください。

 

染色1回目

 

部分的に色が薄いところもありますが、1回目にしてはまずまずの染まり具合だと思います。

 

 

染まり具合が分かりやすいように、毛先は結ばずにあえてボサボサのままにしています。

 

また、後の色持ち検証のために2つの毛束を同時に染色しています。ここでは左右を比較するなどの意図はありません。

 

染色2回目

 

1回目と比べるとかなり濃い色になってきました。

 

染色3回目

 

2回目の時点ですでにいい感じに染まっていたので、あまり大きな変化は感じませんが、よくみるとさらに濃くなっています。

 

この写真でみると、ブラックに見えますよね。(照明のせい?)

 

3回目の染色のあと、アングルと照明を変えて、普段の部屋の雰囲気で撮影した写真が以下です。

 

濃いめの自然なブラウンに見えます。(それでもブラックより?)

 

カラートリートメントタイプの白髪染めは、1日ごとに少しずつ色落ちしてしまうので、染めた直後はこのくらい濃いほうが良いのかもしれません。

 

1回あたりの使用量の目安

(全体染めの場合)

  • ショートヘア → ピンポン玉4個分
  • ミディアムヘア → ピンポン玉5個分
  • ロングヘア → ピンポン玉6個分

公式サイトの情報では1回の目安25g〜38gとなっていました。

 

 

おそらくショートが25g、ロングで38gだと思うので、ミディアムは中間の32g程度。

 

クロエベール1本の内容量100gを考えると、ショートヘア全体染めで4回分、ミディアム・ロングは3回分程度となります。

 

※ミディアム・ロングの方は、はじめの3日連続使用の時点で1本空になる可能性あり。

 

クロエベールの「色持ち期間」を検証

 

はじめの連続使用で色が定着したあとは、「週に1〜2回の使用がおすすめ」と書いてありました。

 

内容量や染める手間を考えると、週1か週2ではかなりの差がありますよね。

 

その辺の実際を確かめたかったため、上記した3回染色したあとの毛束を使って、「シャンプー・タオルドライ・ドライヤー」を連続で試してみました。

 

洗髪方法
  • アミノ酸系のシャンプーを使用(洗浄力がマイルド)
  • シャワーの温度は38度
  • ドライヤーは温風と冷風が交互にでるモードに設定
  • トリートメントは不使用

 

本来なら1日ごとにシャンプーするところを、今回の検証は15分間隔で実践しました。

 

そのため、実際の色持ちとは若干の誤差が生じる可能性があります。その点ご理解ください。

 

洗髪1回目

※右側の毛束だけ洗髪を繰り返していきます。

 

洗髪2回目

 

洗髪3回目

 

洗髪4回目

 

洗髪5回目

 

洗髪6回目

 

洗髪7回目

 

洗髪8回目

 

洗髪9回目

 

洗髪10回目

 

10回洗髪+ドライヤーを繰り返した時点での差は、予想していたより小さかったです。

 

差が分かりやすいようにカメラの光量を上げて撮影してみました。

 

洗髪10回目(光量アップバージョン)

 

洗髪を繰り返した右側がやや色落ちしているのが分かります。

 

撮影環境を変えて色彩を分かりやすくして比較

※撮影状況の影響で実際の見た目よりかなり明るい色になっています。

10回の洗髪でダークブラウン(左)からライトブラウン(右)くらいまでの色落ち。

 

100%白髪の毛束を使った検証のため、全体的に明るくなっているように見えますが、実際は部分的に白髪が気になる人がほとんどですよね。

 

ですので、ちらほら生えている白髪だけがやや明るめのブラウンに見える感じです。

 

この結果をみると、1週間に1回の染め直しくらいがちょうどいい頻度のように思えます。

 

 

使用するシャンプーの洗浄力やドライヤーのかけ方、洗髪頻度、整髪料の使用など環境によって色落ちペースに差がでます。

 

まとめ

 

クロエベールの染まり具合


はじめに2〜3回連続使用することで、濃い色がしっかり定着しました。

 

色持ちキープ期間


使用環境によって差は出ますが、概ね1週間程度の色持ちでした。

 

染まり具合・色持ちともに平均以上の効果は期待できそうです。(同類の商品と比較して)

 

公式キャンペーン

 

クロエベールの公式サイトではお得な割引キャンペーン開催中です。

 

≫ お得な公式サイトを見てみる