髪の毛を増やしたい!

(解説を飛ばして「おすすめの頭皮ケア方法」をみる方は ≫ こちら

 

 

当サイトの訪問者から以下の質問を頂きました。

 

質問内容

私は先月37歳になりました(女です)

 

去年くらいから急激に抜け毛が増えて、今では頭頂部からつむじ付近にかけて頭皮地肌が透けています。

 

年齢が原因なのか生活習慣やストレスのせいなのか分からず、食事を見なおしたり、運動がいいと聞いてウォーキングしてみたり、生活習慣の改善は試みたのですが、まったく改善せずに薄毛は進行するばかり…

 

このままハゲてしまうの?と毎日不安です。

 

育毛というのでしょうか?言葉は分からないのですが、分け目の地肌が透けないくらいに髪の毛を増やしたいのですが、おすすめの方法はありますか?

 

多少の出費はできるのですが、あまりにも高額な費用がかかる方法だと無理なので、自宅で手軽にできる頭皮ケア方法を教えて下さい。

 

管理人より

 

「髪の毛を増やす方法」というと、一般的には「育毛」なのですが、増毛や植毛、かつら・ウィッグなども考えられます。

 

でも、「自宅で手軽に」「高額な費用が必要ない」という条件を考えると、やはり「育毛」になりますね。

 

育毛の目的は、乱れた頭皮環境を改善して、健康な髪の毛を育むこと。

 

何かしらの原因で頭皮環境が乱れるとヘアサイクルの乱れにつながります。

 

ヘアサイクル(毛周期)が乱れると、「細い・短い」抜け毛が増えはじめて徐々に薄毛へと進行して行きます。

 

女性の薄毛症状

男性と違い女性の場合は、生え際が後退したり、頭頂部だけハゲるような症状は少なく、全体的に地肌が透けてボリュームがなくなる「びまん性脱毛症」のケースが一番多くなっています。

 

男性に多い症状

 

女性に多い症状

女性に多い薄毛症状「びまん性脱毛症」

 

また、女性の薄毛の原因は多岐にわたり、複数の要因が重なりあっているため、1つ2つの心当りを改善しても効果が出ない人がほとんど。

 

ただし、女性の薄毛は

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 加齢による老化現象
  • 頭皮の乾燥
  • ホルモンバランス

などによって、髪の毛が太く・長く成長する前に細く・短い状態で抜け落ちてしまうのが主な症状。

 

ですので、上記要因の改善に結びつくケア方法を実践すれば、見た目で髪の毛が増えることになります。

 

薄毛を改善するにはどんな方法がベスト?

 

あまりお金をかけずに

  • 血行不良 → 頭皮マッサージ
  • 栄養不足 → バランスの良い食事

と考えがちですが、実際にマッサージや食事による育毛ケアを実践してみると、ほとんど失敗に終わります。

 

効果を得られない理由として、素人の頭皮マッサージ程度では十分に血行を促進できない。(効果があってもほんの一瞬)

 

そして、毎日毎日、複数回マッサージするのはかなりの手間です。

 

また食事による栄養補給では、栄養を必要としている身体の他の部分に消化されてしまい、毛根にはほとんど届いてくれません。

 

頭皮マッサージは意味がない?

 

薄毛関連の掲示板をみていると「頭皮マッサージは意味なし」という書き込みを見かけます。

 

その人達が勝手に決めつけているわけではなく、皮膚科や薄毛外来のある大学病院の先生に言われたそうです。

 

先生いわく、「マッサージをして髪の毛が生えてきたというデータは今の所はない」というのが理由。

 

個人的には、直接的に血行を促進できなくても、頭皮マッサージを続けていると何となく頭皮が柔らかくなる感じはするので、多少のメリットはあると思っていました。

 

でも、データ的に効果の実証はされていないのも事実なので、無理に実践する必要性はないのかもしれませんね。

おすすめの頭皮ケア方法は「 育毛剤 」の使用です

薄毛(ハゲ)で悩む女性におすすめの育毛剤5選

 

毎月3千円〜5千円(1日ジュース1本分)くらいの費用はかかってしまいますが、手間は時間にして3分程度。

 

シャンプーで頭皮をキレイにしたあと、頭皮全体に育毛剤を塗布して浸透を待つだけなので、はじめての方でも迷うことなく実践できる薄毛対策です。

 

育毛剤で期待できる主な効果

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

 

注意点として、「育毛剤=毛生え薬」ではないので、塗布して即効で髪の毛が増えるわけではありません。

 

個人差はありますが、使用開始して3ヶ月〜6ヶ月程度でボリュームアップ効果を実感できる傾向にあります。

 

効果的な育毛剤おすすめ5選

メニュー

 

 

実際に効果を実感できた育毛剤

 

約6ヶ月で分け目が目立たなくなりました

 

育毛剤による薄毛改善の流れ(私の場合)

 

使用開始1ヶ月半くらいで明らかに抜け毛の量が減った(体感で半分くらいに)
 ↓
2ヶ月経過した頃、髪にハリ・コシを感じるようになった。ペタンコ髪 → 根元がふわっと立ち上がる髪へ(地肌はまだ透けている)
 ↓
3〜5ヶ月目、新しい髪の毛がツンツン伸び始めた。細い毛が減った。
 ↓
6ヶ月目以降、分け目の地肌透けも気にならない程度に改善。ハリ・コシ・ボリュームも順調に回復した。

 

※使用した育毛剤は「マイナチュレ」です。

 

無添加育毛剤 マイナチュレ

 

詳細はこちら↓

≫ マイナチュレの体験レビュー

 

 

私(40代・女)の場合はマイナチュレが効きました。

 

でも、薄毛の症状や原因によって相性のいい育毛剤は違ってくるので、以下では他のおすすめ商品を4つ厳選してご紹介します。

 

(すべて実際に使ってみて使用感が良かったもの)

 

 

加齢による老化現象が気になる方

 

ひどい抜け毛や薄毛の原因が加齢による老化現象の場合、何よりも先に「弱った細胞を元気にしてあげる」必要があります。

 

髪の毛は毛根内の細胞(毛母細胞)が細胞分裂を繰り返すことで太く長く伸びるため、加齢の影響で細胞が弱ってしまう(減少してしまう)と十分な成長が望めません。

 

そのような状況で頼りになるのが、毛母細胞活性化タイプ(※)の育毛剤。

 

※毛母細胞の働きを活発にする成分を含んだ育毛剤

 

おすすめ商品

  • 医師との共同開発で誕生した「ミューノアージュ」

 

≫ ミューノアージュ育毛剤の詳細

 

 

 

頭皮が硬く乾燥しやすい方

 

薄毛で悩んでいる方の頭皮はとても硬い傾向にあり(指先で触るとすぐ下に骨がある感じ)、乾燥が気になる場合も多いです。

 

そのような頭皮環境では、髪を育む毛根内の細胞(毛母細胞)に十分な栄養と酸素が行き届かず、何の対策も取らずに放っておくと

  • 短い抜け毛
  • 細い抜け毛
  • 見た目の毛量ダウン
  • ハリ・コシ不足
  • 髪のうねり・縮れ
  • パサツキ
  • ふけ

など様々な頭髪トラブルを招いてしまいます。

 

対策としては「保湿」が最優先。

 

うるおいを与えることで頭皮の柔軟化が期待でき、乾燥も気にならなくなります。

 

ヘアサイクル(毛周期)の関係で3ヶ月〜6ヶ月程度の継続したケアは必要になりますが、保湿によって頭皮環境がよくなることで頭髪トラブルも改善していきます。

 

おすすめ商品

  • 海藻エキスによる高い保湿力が特徴の 「ルプルプ 薬用育毛エッセンス」

 

≫ ルプルプ育毛剤の効果・使用感レビュー

 

 

 

20代の方、出産前後・授乳中の方

 

こちらは、加齢による女性ホルモンの減少ではなく、「乱れ」による抜け毛・薄毛の症状。

 

減少と乱れの判断は難しいところもありますが、20代女性の頭髪トラブルは、加齢による老化現象の可能性は低いため、一時的なホルモンバランスの乱れが要因だと思われます。

 

出産前後、とくに産後・母乳中はホルモンバランスが乱れやすく、1日200本などひどい抜け毛(分娩後脱毛症)で悩むママさんも急増。

 

抜け毛・薄毛の悩みと同時に、無月経・生理不順・不正出血・過多月経などホルモンバランスに異常を感じている場合は、ホルモンバランスを整えてくれる成分(※)を含んだ育毛剤が最適です。

 

※女性ホルモンに似た働きが期待できる植物成分

 

おすすめ商品

  • 99.6%天然由来成分の「ベルタ育毛剤」

ベルタ育毛剤

 

≫ ベルタ育毛剤の使用感レビュー

 

関連記事

 

 

頭部の血行不良が気になる方

 

女性の頭髪トラブルの原因は、「ホルモンバランス」または「頭部の血行不良」この2つが主です。

 

そのため、生理不順などの自覚がない場合は、血行促進作用の高さで育毛剤を選んでみてください。

 

おすすめ商品

  • 薬用育毛剤「花蘭咲(からんさ)」

薬用育毛剤 花蘭咲(からんさ)

 

≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤?

 

 

 

育毛剤と併用するシャンプー選びも重要

 

どんなに評判のいい育毛剤でも、頭皮や髪に負担をかけるシャンプーを併用していると、十分な効果を発揮できません。

 

そのため、育毛を意識してシャンプーを選ぶなら「アミノ酸系」がおすすめです。

 

市販の一般的なシャンプー

洗浄成分に石油系合成界面活性剤が使われているため、洗浄力が強すぎる傾向にあります。

 

その影響で頭皮環境を正常に保つための適度な皮脂まで洗い流してしまい、抜け毛・フケ・かゆみ・ニオイなど、様々なトラブルを招いてしまう可能性があります。

 

トラブルの多い頭皮環境は育毛の土台となる頭皮が不健康な状態のため、育毛剤の成分も効きにくい状態と言えます。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系の適度な洗浄力のおかげで、適度な皮脂を残しながら頭皮や髪の毛の汚れを洗い流すことができます。(抜け毛・フケ・かゆみ・ニオイなどのトラブルが少ない)

 

トラブルのない健康な頭皮に育毛剤の成分を浸透させることで、効率よく髪の成長を促進することができます。

 

▼ 関連記事
育毛剤と相性の良いシャンプー選び ≫

 

 

育毛サプリメントって効果あるの?

 

薄くなった髪の毛の対策として有名なのが育毛剤ですが、最近では「育毛サプリ」のような商品も増えてきています。

 

販売ページをみてみると、飲むだけで育毛できるような印象を受けますが、想像したような効果を得られる方はかなり少ないと思います。

 

理由としては、

  • 栄養不足以外が原因で抜け毛・薄毛になっている場合が多い
  • 髪の成長が悪い方は血行不良の傾向がある
  • 育毛サプリ → 栄養サプリメント

主に上の3つです。

 

女性の場合、ホルモンバランス、遺伝(体質)、ストレス、何かしらの病気の影響、などが原因で髪の毛が薄くなっている方が多いので、栄養サプリメントを飲んだだけでは問題の解決にはつながりません。

 

(個人差はありますが、ダイエットをしている方など、普段から栄養不足の自覚がある場合はサプリの摂取だけで薄毛が改善する可能性もあります)

 

また、抜け毛・薄毛が気になる方は、髪の成長に必要な栄養を頭部に運ぶための「血液の流れ」が悪くなっている傾向があるため、サプリメントで補給した栄養が毛根に届きにくいという話も聞きます。

 

育毛サプリといっても、髪の成長に必要な影響を豊富に配合した単なる「栄養サプリ」で、配合成分が多い分、販売価格も高めです。(5000円以上のものが多い)

 

近年増えている ≫ 女性の薄毛治療専門のクリニック でも、サプリメントだけ処方するところは少なく、育毛剤+サプリの併用が多くなっています。

 

▼ 関連記事
サプリメントに育毛効果ってあるの? ≫

十分な毛量を保つために大切なこと

 

髪の毛はヘアサイクルによって、抜けて生えて、抜けて生えてを繰り返しています。

 

今、頭に生えている髪の毛が抜け落ちると、その毛穴からは次の新しい髪の毛(新生毛)が育ってきます。

 

 

新生毛の太さは通常の髪の8分の1程度しかなく、長さも約1mmと言われているため、肉眼ではほとんど見えません。

 

※肉眼で確認できる長さ(数cm)まで成長した髪の毛は、すでに新生毛ではなく、成長期の途中で抜け落ちた異常脱毛に該当します。(→原因はヘアサイクルの乱れ)

 

生えたばかりの髪の毛は、産毛のように細く弱い状態。また、今まで太い毛が生えていたのと同じ毛穴から生えてくるため、毛穴の大きさに対して新生毛は細すぎる → しっかり固着できていない状態。

 

新生毛のこの状態は、「少しの力や刺激で簡単に抜け落ちてしまう」ことを意味しています。

 

これから先も十分な毛量を保つため、また、すでに進行してしまった薄毛を改善するためには、健康的な生活習慣が一番のポイントになります。

 

そして、それと同じくらい大切なポイントが「産毛のような新生毛をどれだけ抜かずに残せるか」。

 

新生毛は、「産毛 → 軟毛 → 太くて丈夫な毛」という流れで育ち、5年近くの間ずっと成長を続けます。なので、この先も太くて長い髪の毛を育てる&キープするためには、生えたばかりの産毛をいかに抜かないかがとても重要になってきます。

 

そのためには、生活の中で最も頭皮に触れる洗髪時や頭皮マッサージの時に、頭皮を擦ったり・指先で摘んだりしないこと。(← 弱い新生毛が抜けてしまう)

 

新生毛を抜かないコツは、頭皮に指先を当てたら頭皮の方を動かすこと

 

頭皮に負担の少ないシャンプー剤を使用し、頭皮全体を丁寧に動かすことで、毛穴の皮脂汚れは十分に落ちます。

 

新生毛を残しつつ、頭皮を清潔に保ち、マッサージ効果で血行を促進できるので、洗髪や頭皮マッサージをする時は「頭皮そのものを動かす」ことを意識して実践してみてください。

 

髪の毛を太く長く育むために

 

加齢による心身機能の変化やホルモンバランスの乱れによって、髪の毛を太く・長く・黒く育てる働きも低下していきます。

 

その影響で、産毛や軟毛の状態から十分に育たない髪の毛が増え、地肌透けやボリューム不足、髪質の悪化が目立つように。

 

一度その状態に陥ってしまうと、自力だけでは改善しにくいため、他力に頼ることになります。

 

その役割を果たしてくれるのが「育毛剤」です。

 

≫ 最新の女性用育毛剤ランキング

 

「もみだし洗い」の補足

 

今まで頭皮をゴシゴシ擦るような方法で洗髪していた方に、頭皮を動かすもみだし洗いをおすすめすると、決まって「洗った気がしない」と言われます。

 

確かにその通りだと思います。でも、汚れは十分に落ちるので、あとは慣れの問題。1週間くらい続けると違和感はなくなっているはずです。

 

▼ 皮脂が十分に落ちない場合

 

洗った気がしないという気分的な違和感だけなら問題ありませんが、かゆみやベトベトしたフケが気になるなど、今までなかった悪い症状が出た場合は、皮脂汚れが十分に落ちてない可能性大です。

 

とは言え、ゴシゴシ擦る洗髪法に戻してしまうと新生毛の抜け落ちにつながるので、その場合は一度、ホホバオイルなどを試してみてください。

 

脂漏性皮膚炎など病院の診察が必要なほどの症状を除けば、シャンプー+ホホバオイル+もみだし洗いで十分に対応できると思います。

 

シャンプーに育毛・発毛効果は期待できない

薄毛対策でシャンプーに頼ろうとする方をよく見かけますが、シャンプーの役割は「頭皮環境を清潔に保ち、抜け毛・フケ・かゆみ・ニオイなどのトラブルを防ぐ」ためのもので、育毛剤のような育毛・発毛効果は期待できません。

 

そのため、育毛を意識する場合は、頭皮ケア用シャンプーと育毛剤の併用がおすすめです。

 

女性の薄毛対策【比較表】

シャンプー

育毛剤

薄毛治療

手軽さ

◎

◎

×

育毛効果

×

○

◎

副作用

なし

なし

あり

毎月の費用

約2千円

約5千円

約3万円

 

よくある質問

 

女性で育毛剤を使用してる人ってどのくらいいるの?

 

具体的な人数を知るのは難しいですが、以下のデータを見る限りでは「男性より女性の育毛剤利用者のほうが多くなってきている」というのが現状です。

 

女性用育毛剤市場の成長率

(数値データは富士経済調べ)

 

平成16年:60億円 → 平成26年:177億5千万円

 

※同時期の男性用育毛剤の成長率は、
平成16年:298億円 → 平成26年:183億円

 

赤字の数字に注目してください。

 

平成26年時点ですでに男性用と女性用の育毛剤市場の差がほとんどなくなっています。

 

それだけ、頭皮ケアを意識する女性が増えていて、育毛剤も日常的に使われるようになってきている、ということが分かります。

 

この傾向は今後ますます顕著になり、将来的には化粧品によるスキンケアのように、育毛剤を使って頭皮ケアするのが当たり前になるかもしれませんね。

 

薄毛治療専門のクリニックに相談してみる

 

女性の抜け毛・薄毛に関する掲示板やQ&Aサイトをみていると、

 

「病院で専門的な検査・治療を受けたい」という書き込みを多く目にします。

 

そういった需要が増えていることもあって、近年、女性の薄毛治療を専門とするリニックも徐々にですが増えてきています。

 

専門クリニックでの薄毛治療

 

治療開始〜発毛までの参考動画(50秒)

 

より詳しい情報はこちら↓

女性に人気の薄毛治療クリニック【特集】

 

 

育毛剤によるセルフケアと専門クリニックでの薄毛治療、どっちがいいの?

 

手軽に実践できて毎月コストもそこまで高くならない育毛剤か、通院の手間やコスト面では不安も多い専門クリニックでの治療、どちらを選ぶか。

 

この2択で悩む方は多いかと思います。

 

個人的には、育毛剤によるセルフケアをしばらく続けてみて、結果が出ないようであれば専門医に頼る、という考えを持っていますが、全く逆の考えの方もいるようです。

 

その方の言い分は、

 

たくさんの育毛剤が販売されている中で、自分の頭皮環境や薄毛の症状と相性が良いものを見つけるには、複数の育毛剤を試してみる必要がある。

 

また、1つの育毛剤の効果を試すには、ヘアサイクルの関係で3ヶ月〜6ヶ月の継続ケアが必要。

 

このことを考えると、医師に頭皮や薄毛の症状を診てもらえて、自分に合った処方・治療を提供してもらえる専門クリニックに頼ったほうが、時間もお金も無駄にならない。

 

おおむねこのような考え方です。

 

確かにその通りだなーと納得できる部分もあるので、どちらが正解というのは決められないと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、頭髪専門クリニックの「無料カウンセリング」です。

 

薄毛治療を専門としているクリニックでは、本当に治療の必要があるのかどうか、また、頭皮や髪の毛の状態、生活習慣、食生活、体質、遺伝、アレルギーなど様々な項目を問診・検査した上で、効果的な処方薬や治療法を提供可能かどうかを判断します。

 

カウンセリングの結果を元に担当医の話を聞いて、処方や治療法、料金体制などに納得ができれば治療を開始する。

 

不安があるようならカウンセリングのみで帰宅して、育毛剤によるセルフケアを開始する。

 

どちらにするかの選択は自由で、カウンセリングも無料で受けられるので、まずはそこから試してみるのも1つの選択だと思います。

 

無料カウンセリングや専門クリニックの情報は
≫ こちらの記事 を読んでみてください。