テロメラーゼ(酵素)の活性化と育毛について

2017年8月31日放送、NHKの番組「秘策あり!美しき髪のヒミツ」の中で紹介されていた最新の育毛研究がとても気になりました。

 

内容は、福岡にある九州大学(農学研究院)で行われている研究で、「テロメラーゼ」という酵素を活性化させることで髪の毛の育毛にも効果があるのでは?というもの。

 

放送時点ではマウスによる実験でしたが、ある食品に含まれている成分を使用して(1日1回5週間)、毛髪近くの皮膚に存在するテロメラーゼを活性化させることで、黒々とした毛がびっしり生えたそうです。

 

NHKの番組紹介ページの写真を改めて確認してみましたが、一目で分かるほど毛が生えてきています。

 

(該当箇所 ⇒ ページ中段よりやや下「生えまくる! 最新育毛研究!!」)
https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/114/278774.html

 

マウスによる実験で効果があった2種類の食品成分

 

赤ワインに入っている「レスベラトロール」

 

この成分は非常にアンチエイジング効果が高いことで知られています。

 

もう1つは「ポリフェノールX」。放送時点では原料の果物は不明(研究段階のため)

 

今回の実験とは別件ですが、「りんごポリフェノールに育毛効果が!?」という記事を複数目にしたので、何かしらの関係があるのか、はたまた別の果物なのか、非常に気になるところ。

 

 

比較写真をみる限りでは「ポリフェノールX」のほうがより効果が現れたようです。(毛の伸びるスピードが早かった)

 

女性の薄毛対策にも効果あるの?

 

実験で使用した食品成分によりテロメラーゼ(毛髪近くの皮膚に存在する酵素)を活性化することで、皮膚の中にある幹細胞も活性化するそうです。

 

幹細胞は髪の毛を増やす毛母細胞のもとになる細胞のため、もし人間の幹細胞にも効くとなれば「男女関係なく効果があると思います」とのこと。

 

個人的な疑問

 

アンチエイジング効果の高い「レスベラトロール」、また、果物のりんごなどに含まれていて活性酸素を抑える抗酸化が期待できる「ポリフェノール」(ポリフェノールXとは別物の可能性あり)、どちらも老化現象を防ぐ作用があると言われている成分です。

 

なので、抜け毛や薄毛の原因が加齢による細胞の老化だった場合は、テロメラーゼを活性化させることで効果がでる可能性があります。

 

しかし頭髪の悩みは、男性ホルモン、女性ホルモンの減少、遺伝、ストレス、栄養不足など様々な要因から発症するため、そういった根本原因を解消できていない状態でも、テロメラーゼを活性化させるだけで毛が生える・伸びるのか?その辺がとても気になりました。