地肌が透ける症状に効果的な育毛剤選び

女性の頭皮地肌が透けて目立つ薄毛の症状

 

分け目やつむじなど、地肌が透ける薄毛症状は「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

 

びまん性の薄毛は女性特有の症状で原因は多岐に渡ります。

 

そのため、育毛剤を使う場合は「自分の原因に合ったもの」を選ぶ必要があります。

 

地肌が透ける薄毛症状の主な原因と効果的な育毛剤

 

目次

 

 

加齢による頭皮や髪の老化現象
(主に40歳以降)

 

年齢と共に髪のボリュームがなくなっていくのは、自然な生理現象です。

 

原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の低下。

 

個人差はありますが、女性ホルモンの分泌量は20歳〜30歳でピークを迎えます。

 

女性ホルモンの年代別分泌量の変化

 

それ以降は徐々に減っていき、更年期である40歳〜50歳にかけて急激に減少していきます。(早い方は30代半ばから)

 

女性ホルモンは髪の成長に大きな影響を与えているため「減少=髪の成長も衰える」ことになります。

 

おすすめの育毛剤

女性ホルモンの減少と薄毛の関係に着目して開発された ≫ デルメッドヘアエッセンス

 

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

加齢による女性ホルモンの減少ではなく、ストレスや不健康な生活習慣による「一時的なホルモンバランスの乱れ」でも抜け毛・薄毛は引き起こされます。

 

女性ホルモンの乱れが引き起こす不調

 

生理不順・生理痛・不正出血

 

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あり、この分泌バランスが崩れると月経異常を引き起こします。

 

自律神経失調症

 

女性ホルモンの分泌を司る部位と自律神経をコントロールする部位は近いところにあるため、ホルモンバランスの乱れは自律神経の不調へと連鎖します。

 

だるさ、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、手足や腰などの冷え、寝汗などの発汗、のぼせ、頭痛、不眠、下痢、アレルギー症状(目や鼻)などの症状を引き起こします。

 

肌荒れ(ニキビ・吹き出物)

 

男性ホルモンの働きが優位になり、皮脂の分泌が活発に。その結果、ニキビや吹き出物など肌荒れを引き起こします。

 

その他

疲れやすい、体重が増えた、情緒不安定、イライラする、肩こり・腰痛、髪質の変化

 

上記の症状と抜け毛・薄毛の症状が同時に引き起こされている場合は、その原因が女性ホルモンの乱れの可能性が高くなります。

 

おすすめの育毛剤

女性ホルモン様成分(女性ホルモンに似た働きをする)を多く含んだ ≫ ベルタ育毛剤

 

 

 

頭皮の血行不良

 

血流悪化を引き起こす要因

ストレス、油っぽい食事、運動不足、肥満、喫煙、身体を冷やすなど。

 

血管を収縮したり、ドロドロ血液を引き起こす生活習慣はすべて血液の循環を悪化させます。

 

髪の成長に必要な栄養や酸素は、血液によって毛根に届けられます。そのため、頭皮への血流が悪くなると髪の成長も不十分になり、抜け毛の増加や薄毛の進行につながります。

 

おすすめの育毛剤

高い血行促進作用が期待できる特許成分を配合した ≫ 花蘭咲(からんさ)

 

 

 

親族からの遺伝

 

遺伝による薄毛は主に「男性型脱毛症」を引き起こします。

 

男性型脱毛症

男性ホルモンの影響を受けた薄毛症状

 

女性の体内にも男性ホルモンは存在しているため、親からの遺伝や女性ホルモンの活動が衰えた環境などで、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

  • 女性ホルモン → 髪を成長させる
  • 男性ホルモン → 脱毛を引き起こす

 

特に、父親や母親も薄毛で悩んでいる場合は、男性ホルモンの影響の受けやすさを受け継いでいる可能性があります。(遺伝)

 

男女での症状の違い

男性と女性では同じ男性型脱毛症でも、薄毛の症状には違いがあります。

 

男性は、生え際の後退や頭頂部がカッパのように薄くなる症状が主です。

 

(女性で前髪や生え際が後退したり、頭頂部だけ局所的にハゲている場合は、男性ホルモンの影響を受けている可能性が高くなります)

 

女性の場合は、頭髪全体が細くなり、地肌が透ける、ハリ・コシの低下、ボリュームのないぺたんこ髪などの症状が一般的です。

 

この女性の症状は、びまん性脱毛症との差がないため、見た目だけで男性ホルモンの影響を受けているかどうか判断するのは難しいと言われています。

 

そのため、抜け毛・薄毛の悩みと同時に、以下のような状況・症状があるかどうかである程度の判断をします。

  • 短い抜け毛が多い
  • 頭皮のベタつきやニオイが気になる
  • 顔のヒゲや体毛が濃くなってきた
  • 前髪・生え際の後退
  • ニキビ・吹き出物の増加
  • 性欲の増加
  • 月経周期が不規則

など。(女性から男性への体質変化)

 

上記は、男性ホルモンの影響を受けた女性に起きやすい症状です。

 

父親・母親も薄毛で悩んでいて上記症状が出ている場合は(特に30代後半〜)、女性用に開発された育毛剤では効果を得られない可能性があります。

 

理由

女性用に作られているため、男性ホルモンによる脱毛をブロックするような成分が配合されていない

 

とは言え、男性用の育毛剤は女性が使うことを考慮していないため、アルコール成分の含有量が多すぎて刺激が強すぎたり、成分濃度が濃すぎて頭皮環境をさらに悪化したりする可能性があります。

 

おすすめの育毛剤

男性ホルモンによる脱毛をブロックする成分を含みながら、女性が使うことも考慮されている ≫ 無添加育毛剤 イクオス

 

 

 

原因が分からない

 

上記のどれにも該当していない場合は、原因が特定出来ないため、オールマイティータイプの育毛剤をおすすめします。

 

おすすめの育毛剤

モンドセレクション2014・2015で金賞を連続受賞した無添加育毛剤 ≫ マイナチュレ

女性の育毛剤選び お役立ち情報