女性の育毛剤使用に関するQ&A 一覧

育毛剤は頭皮と髪の毛の状態を把握して選びましょう。

頭皮や髪の毛に直接塗布するタイプの育毛剤、いわゆる外用薬としての女性用育毛剤には大きく分けて4種類のタイプがあります。

血行促進型育毛剤(血管拡張型)

 

毛細血管を拡張させることで、頭皮の血行を正常な状態にし、毛母細胞に必要な栄養分をしっかり運ぶことをサポートする育毛剤。

 

男性ホルモン抑制型育毛剤(女性ホルモン型)

 

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が、毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結びつくことによって引き起こされる脱毛症。

 

そのDHTを抑制する作用のある育毛剤が男性ホルモン抑制型と呼ばれています。

 

栄養補給型育毛剤(毛母細胞活性型)

 

栄養補給タイプの育毛剤は、髪の毛を生成するために活動している毛母細胞に、十分な栄養分を届けるための育毛剤。

 

皮脂分泌抑制型育毛剤

 

頭皮にたまった余分な皮脂を取り、頭皮を清潔に保つことで育毛・発毛を促す育毛剤。

 

皮脂を落とす働きがない育毛剤を使用する場合は、育毛シャンプーなどを併用することで効果が期待できます。

 

種類ごとにそれぞれ役割が違いますので、より自分に合った育毛剤を選ぶためにも、今の頭皮と髪の毛の状態を把握しておくことが重要です。

 

頭皮と毛髪の状態は人によって様々。

 

頭皮は固い?柔らかい?洗髪後の抜け毛の量はどのくらい?抜け毛の毛根は正常?など、日ごろの頭皮と髪の毛の状態はチェックしておきたいところです。

 

薄毛・抜け毛の専門機関にかかるときにも、日頃から把握しておくことで、より確実な診断が可能となります。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)

 

AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの異常が原因の脱毛症です。女性にも稀にAGAを発祥することがあり、その場合にはFAGAといいます。

 

女性の場合基本的には、女性ホルモンが優位にあり、もともと少ない男性ホルモンが少々暴れたところで、薄毛になることはまずありません。

 

ところが、男性ホルモンが多い体質の方や、環境やストレスから身を守るため男性ホルモンの力を利用せざるを得ない時には、男性ホルモンの異常が原因の脱毛症、つまりFAGAを発症する可能性が高くなるのです。

 

もしかしてFAGA?と不安な場合は、クリニックで検査を受けてみるのも一つの選択だと思います。

 

抜け毛・薄毛の原因が分からないままストレスを感じ続けると、状態はどんどん進行し、一向に改善しません。

 

もし、外での検診に抵抗がある場合は、自宅で出来る簡易検査キットも市販されていますから、利用してみてください。