10代女性の薄毛対策&育毛剤の選び方

 

10代・20代の若い女性の薄毛は、加齢による頭皮・髪の老化現象とは違い、不健康な生活習慣や頭皮にダメージを与える行為が主な原因(※1)と言われています。

 

(※1 偏った食事、ストレス、睡眠不足、運動不足、肥満、過剰なダイエット、ブリーチ・パーマ、スマホ・PCの長時間操作など)

 

このような場合、頭皮の血行不良を引き起こしてしまっている可能性が高く、皮脂の分泌量が低下し、頭皮乾燥に陥ってしまうケースも多く見受けられます。

 

 

ストレスで髪が抜ける主な理由も血流が悪化するためです。ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、血行不良に陥り、頭皮や髪の毛に十分な栄養素が届かなくなってしまいます。

 

また、女性は体質的に冷え性になりやすいため、血行が滞りやすいと言われています。

 

乾燥で頭皮が硬くなったり血行不順に陥ると、髪を育てる毛根に栄養が十分に行き渡らなくなり、その影響で抜け毛が増えたり髪質が悪化していきます。

 

頭皮や髪の違和感に気づいていても、まさか自分が薄毛になるとは思わない場合が多く、放っておいて手遅れになるケースも。

 

後々になって後悔しないためにも、生活環境の改善や育毛剤の使用などによる、適切で早めの対策が求められます。

 

(関連記事:女性の育毛剤は何歳から?中・高校生でも使える?

育毛剤による頭皮ケアの改善イメージ

 

使用開始1ヶ月〜2ヶ月

頭皮環境が整い、抜け毛も徐々に減り始める

 

3ヶ月〜5ヶ月

新毛により頭皮の透けも目立たなくなり、髪の毛が元気になる(ハリ・コシ・ツヤを実感)

 

6ヶ月〜1年

生え際・分け目・つむじなど、髪の毛1本1本が太く長く生えそろい、見た目で分かるほどボリュームアップ!(使用開始前と比べて)

 

※薄毛の症状や体質、使用する育毛剤の種類などによって個人差はでます。

 

補足

育毛剤の効果に即効性はないため、本気で薄毛改善を目指すなら「6ヶ月〜12ヶ月」、健康的な生活習慣+丁寧な頭皮ケアが必要です。

 

「栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレス」はNG!

 

それから、自己制御は難しいかもしれませんが「自律神経・ホルモンバランスの乱れ」も薄毛の原因になるため、普段からの意識が大切です。

 

また、中学生・高校生など10代の時期は、皮脂の分泌や代謝が活発です。そのため、皮脂+汗で頭皮地肌は汚れやすい環境にあります。

 

新しく生えてくる髪の毛のためにも、シャンプー(理想はアミノ酸系シャンプー)を使って、清潔な頭皮環境を維持しましょう。

 

10代女性の育毛剤の選び方

育毛剤の効果を実感できる度合には個人差があります。どんな人でも即効・短期間(1週間や1ヶ月)で髪がフサフサに生える育毛剤は、残念ながら存在しません。

 

それを前提で、10代の女性に適している育毛剤を選ぶとすれば、乱れた頭皮環境を正常に改善する効果が高い「血行促進・保湿タイプ」のもの。

 

このタイプの育毛剤は、抜け毛・薄毛の原因と考えられる頭皮の血行不良や乾燥の改善が期待できるからです。

 

また、男性用や男女兼用の商品ではなく、女性用として開発されたものを選びましょう。

 

理由は、男性と女性では薄毛になる原因が違うため、改善するために必要な成分も異なるためです。

 

さらに、自分の頭皮に合わなかった・効果を実感できなかった場合に備え、返金保証付き又はお試しできる商品がおすすめです。

 

使ってみて不満があれば保証期間内であれば返品し返金してもらえるので、失敗や後悔を減らすことができます。

 

まとめると、10代女性に最適な育毛剤は、血行促進・保湿タイプ、女性用、返金保証付きorお試しできる商品。

 

条件にあてはまる女性用育毛剤

 

ベルタ(BELTA)

≫ 商品詳細はこちら

 

 

参考情報

 

10代での薄毛予防で大切なこと

 

若い年齢で抜け毛が増えたり、髪の毛が薄くなったりすると、今後の事や周囲の視線など色々と気になると思います。

 

その悩むことがまたストレスとなり、髪の成長に悪影響を与えてしまう。。という悪循環になりがちです。

 

10代から本格的に薄毛の進行が始まる人は稀

 

女性ホルモンの分泌バランスや月経のリズムが崩れやすい40歳以降とは違い、中学生・高校生など若い年齢で薄毛の症状が深刻化する・以降ずっと続く可能性は低いです。(病的な要因や薬剤による副作用などは除く)

 

そのため、10代で抜け毛や薄毛が気になったら、基本的なところから対策を始めてみてください。

 

薄毛対策の基本

 

髪の毛が健康に育つためには、毛根内の細胞に十分な栄養と酸素を届けてあげる必要があります。

 

髪の主成分であるタンパク質、各種ビタミンやミネラル(特に亜鉛)、栄養や酸素を運ぶ血流のためにも、偏った食事、睡眠不足、運動不足、スマホやPCの長時間利用など、不健康な生活習慣を見直しましょう。

 

基本的なことなので気休めに感じるかもしれませんが、髪は健康のバロメーターといわれるほど、体調の影響を受けます。

 

悪い循環

不健康な生活習慣 → 頭皮環境も悪い状態に → 髪の毛の成長が不十分に → 抜け毛が増える → 毛量が減る → 気になってストレスが溜まる → 症状がさらに悪化

こうならないためにも、「不健康な生活習慣」を見直すところから始めてみてください。(後回しにせず、ぜひ今日から!)

 

追記

受験前後や新生活の時期は抜け毛に悩む人が急増!?

 

抜け毛・薄毛に関する掲示板やQ&Aサイトを見ていると、「受験勉強で抜け毛が増えた」というような書き込みが目につきます。

 

中学生や高校生で一気に抜け毛が増えると、このままハゲてしまうの?とかなり不安になりますよね。

 

この場合の抜け毛の要因は、受験のストレス、睡眠の質の低下(寝不足・夜更かし)などが主なので、受験シーズンが終わり生活が元に戻れば、異常な抜け毛も減っていきます。

 

ただ、受験が終わって新しい生活が始まると、周囲の環境や対人関係も新しくなるため、その状況にうまく馴染めないと、ストレスがたまる → 髪の成長に悪影響 → 抜け毛が増える、という悪循環になりかねません。

 

そういった場合、家族や友達など相談できる相手がいればいいのですが、1人で悩む方も多いかと思います。

 

悩み事や生活環境は各々で違うので具体的なアドバイスは難しいのですが、悩みを忘れられる時間・空間やストレス解消法を持つことが非常に大切になってきます。

 

→ 没頭できる趣味を見つける、運動する、など。

 

 

スマホアプリやゲームなども暇つぶし・ストレス解消になりますが、PC・スマホ・テレビなどの液晶画面を長時間見続けると、目に疲労がたまります(眼精疲労)。

 

眼精疲労は血行不良を招く要因になり、その血行不良は髪の成長に悪影響を与える可能性があります。

女性の育毛剤選び お役立ち情報