以下でご紹介している育毛剤は、すべて女性用として研究開発されていて、育毛・発毛促進、脱毛防止などの効果効能が厚生労働省から認められている信頼できる商品です。

 

 

マイナチュレ

 

安心・信頼で選ぶならコレ! (低刺激・無香料)

 

女性用育毛剤の定番商品。無添加・無香料で敏感肌や乾燥肌など、お肌がデリケートな女性でも刺激を感じることなく使用できます。

 

使い始めて6ヶ月での変化

 

見た目でハッキリ分かるほどの効果を実感できました!

 

お得なキャンペーン

公式サイト限定で、効果をシッカリ実感できる「返金保証制度」「初回割引」など、本格的に薄毛対策を始める方には嬉しいキャンペーン実施中です。

 

商品詳細はこちら >>

 

 

関連記事

 

花蘭咲(からんさ)

 

効果重視で選ぶならコレ! (高い血行促進作用)

 

育毛・発毛促進・抜け毛防止など、効果を重視した有効成分の組み合わせ。さらに、高い血行促進作用が期待できる「エビネ蘭エキス」もたっぷり配合。

 

この育毛剤は、「育毛剤は効かなければ意味がない!」という考えの方にピッタリな商品です。

利用者の体験談や口コミでも
  • 30代の頃の髪に戻ったみたい
  • 1ヶ月目でハリ・コシが出てふんわり
  • 櫛でとかせるぐらいに髪が生えたの!(94歳)

など驚きの効果を実感している方が多い育毛剤。

 

使用開始1ヶ月で大きな変化が現れる方も

使用前

使い始めて1ヶ月後

 

上の写真は、マイケア(花蘭咲の販売元)の会報誌で紹介されていた、体験談の一部を撮影したもの。

 

写真は女性の方で、60代に入って抜け毛が増え、地肌の透けが気になるようになり、ウィッグが手放せなくなっていたそうです。

 

たまたま見たCMで花蘭咲を知って、半信半疑で使い始めてわずか1ヶ月。写真のように地肌が見えないまでに改善!

 

(今では、手ぐしでサッと整えるだけですぐに出かけられるようになったそうです)

 

花蘭咲の実感度が高い理由とは?

 

驚きの血行促進力

 

花蘭咲に配合されている「エビネランエキス」の驚くべき血流促進作用に注目です。

 

京都薬科大による発毛試験の結果、1ヶ月で発毛面積が3倍以上に。また、他種エキスとの比較では、発毛パワーに7倍もの差が出たそうです。

 

より詳しい情報はこちら↓

≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤なの?

 

 

初回限定割引 → 65%OFF
≫ 花蘭咲キャンペーンサイト

 

花蘭咲の初回キャンペーンは、「定期コース」と「今回のみの通常コース」の2つから選べます。

 

→ どちらコースも初回限定で65%OFFが適用されます。

 

定期を選ぶメリットとして、2回目以降も31%OFFで購入できます。(花蘭咲の定期は継続回数にしばりがないので、いつでも中止OK)

 

≫ 花蘭咲の定期と通常の違い&購入時の注意点

 

イクオス(IQOS)

 

発毛促進の実感が早い!(満足度97.5%)

 

使用者の78%が3ヶ月以内に発毛促進を実感している今話題の「天然無添加育毛剤」

 

→ 早い方は1ヶ月で発毛促進を実感。

 

商品詳細はこちら >>

 

他の女性用育毛剤との違い

イクオスには「男性ホルモンの影響による脱毛をブロックする成分」が含まれています。

 

女性の薄毛の30%〜50%(年齢と共に増加)は男性ホルモンの影響を受けた「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言われています。

 

特に、女性ホルモンの分泌量が急激に低下する「40歳以降」は男性ホルモンの影響を受けやすく、父親や母親も薄毛で悩んでいる場合は、遺伝による薄毛の可能性も出てきます。

 

より詳しくは
≫ イクオスはこんな方におすすめ

 

実感の速さを比較した実験データ

※クリニックの薄毛治療でも使われている「ミノキシジル育毛剤」との比較

 

ミノキシジル配合の従来育毛剤

 

イクオス(IQOS)

 

1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目、すべての期間においてイクオスのほうが2倍近い実感人数になっています。

 

高い育毛効果で知られているミノキシジルより「実感が早い」という結果は、素直に評価できると思います。

 

さらに、イクオスは天然無添加の育毛剤。頭皮や髪に負担をかけるような成分は不使用のため、ミノキシジルのような副作用の心配はありません。

 

管理人も使ってみましたが、刺激や塗布後のベタつき・かゆみなどの嫌な感触はまったくなく、サラッとした化粧水のような使用感でした。

 

無香料なのでニオイも気になりません。

 

より詳しくは
≫ イクオスの特徴&使用感レビュー

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

 

コスパで選ぶならコレ!(たっぷり2ヶ月分・初回85%OFF)

 

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)は薬用育毛剤として厚生労働省の認可を得ており、自然由来成分(※)の安全性と効果の両立を実現しています。

 

※ 育毛剤に配合可能な数十種類以上の天然成分から、抜け毛・薄毛・髪質の変化でお悩みの女性のために12種類の和漢植物を厳選配合。

 

天然成分・無香料・無着色なので低刺激&やさしい使い心地です。

 

初回85%OFFキャンペーン実施中

 

キャンペーンは定期コース限定ですが、長春毛精の定期は「自由に休止・解約OK」となっているので、初回分を使ってみて何か不満な点があった場合などは、すぐに止めることができます。

 

他の育毛剤と比べ、1本で使用できる期間が約2ヶ月と長いので、初回85%OFF 通常6600円1080円(送料無料)はかなりお得ですね。

 

キャンペーンサイトはこちら ≫

 

関連情報

 

女性用育毛剤ってどれがいいの?

しっかり効果を実感するための育毛剤選び

 

年齢とともに薄毛・白髪・髪質の変化は進み、髪の悩みを本格的に意識し始めるのが40歳くらいから。

 

女性用育毛剤を開発するメーカーが一番注力している年齢層も40代〜50代だそうです。

 

女性ホルモン(エストロゲン)の減少とともに、髪の老化も始まり、毛髪がやせ細っていき、地肌の透けやボリューム不足を感じはじめます。

 

こういった症状を自覚すると、食事の栄養バランスやシャンプーの見直しなど、今まであまり意識してこなかった「頭皮や髪の毛に良いことは何か?」を考え、ネットや書籍で色々な情報を収集します。

 

私もそうでしたが、毎月のコスト、期待できる効果、育毛成功者の口コミなどを考慮すると、最終的に「育毛剤」による頭皮ケアに行き着く人が多くなっています。(発毛剤・養毛剤もほぼ同じ意味)

育毛剤選びで失敗しないために

 

男性用や男女兼用しかなかった昔と違い、今では数えきれない程の女性専用育毛剤が登場してきています。

 

嬉しいはずのこの状況、選べる商品数が増えたことにより、「どれがいいの?」と戸惑う人も増えているとか。

 

そこで、今まで30種類以上の女性用育毛剤を試してきた経験から、「購入後の失敗・後悔を減らすためのチェックポイント」をまとめてみました。

育毛剤を選ぶ際に注目したいポイント

 

女性用として研究開発されているか

男性と女性では薄毛の原因や頭皮環境に違いがあるため、刺激の強い男性用を使ってしまうと、状態が悪化する可能性も考えられます。

 

そうならないためにも、女性用の育毛剤を選ぶようにしましょう。(このページ内の育毛剤はすべて女性用です)

 

※イクオスは男性でも使えるので男女兼用とも言えます。

 

自分に合いそうかどうか

化粧品と一緒で、育毛剤も各メーカーの製品毎に「特徴」があります。

 

医薬部外品の育毛剤の多くは共通して、「育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ」、この辺の効果効能が認められています(商品により多少差はある)。

 

チェックして欲しいポイントは、「メーカーが何に注力してその育毛剤を開発したか」です。

 

女性用育毛剤の主な働き

  • 血行促進
  • 女性ホルモン
  • 栄養補給
  • 保湿

4つの項目すべてをバランスよくカバーしてくれるタイプ、または、どれかに特化したタイプに別れます。(人気があるのはバランスタイプ)

 

どちらを選ぶべきかは、自分の薄毛の原因が分かる・分からないで違ってきます。

  • 分からない場合 → 様々な要因にアプローチしてくれるバランス型
  • 分かっている場合 → ピンポイントでその要因を改善してくれる特化型

 

  • バランス型 → マイナチュレ、ベルタ育毛剤
  • 特化型 → 花蘭咲、デルメッドヘアエッセンス

(特化型の詳細は下の項目「期待できる効果」を参照ください)

 

配合成分は低刺激か

育毛剤は毎日しかも長い期間使うものなので、頭皮や髪に負担が少ないかどうかは必ずチェクしておきたいポイントです。

 

※このページ内の育毛剤で強い刺激のものはありませんが、お肌が極端に敏感・乾燥しやすい・アルコールに弱い方は、ノンアルコールの育毛剤を選んだほうが無難かもしれません。

 

関連記事 ≫ 女性用のノンアルコール育毛剤

 

嫌な香りはしないか

育毛剤やトニック特有のニオイがしてしまうと、自分だけでなく周りにも不快感を与えてしまう可能性がある、周囲の人に育毛剤の使用がバレてしまうなど、何かとデメリットが多いため、特にこだわりがないなら「無香料」の商品をおすすめします。

 

(マイナチュレ・ベルタ育毛剤は無香料、花蘭咲・デルメッドも微かに香る程度なので特に気になりません)

 

期待できる効果

私は頭皮地肌が超敏感なため、≫ 無添加のマイナチュレ を選びましたが、そういった心配がない場合は、使用感ではなく「期待できる効果」を重視して選んだ方が、望んでいる効果を得られやすいです。

 

いい香り、ベタつかない、塗布のしやすさ、価格の安さなども気になりますが、育毛剤は「抜け毛を減らす」「薄毛を改善する」「髪を太くする」などの変化を得るために使用するもの。

 

そのため、育毛剤を選ぶ際は「効果重視」の方が目的達成の近道となります。

 

(とは言え、ニオイやベタつきが強すぎるものは避けたほうが無難)

 

40代・50代女性、効果重視で選ぶならこの育毛剤

 

年齢を考えた場合、薄毛の主な原因は「頭皮の血行不良」「加齢によるホルモンバランスの変化」のどちらかの可能性が高いため(または両方)、そこに特化して開発された育毛剤を選んだ方が期待効果は高くなります。

 

頭皮の血行不良が気になる

詳細 ≫ 花蘭咲(からんさ)

 

 

ホルモンバランスが気になる(更年期)

詳細 ≫ イクオス(IQOS)

 

 

どちらに該当するか分からない方への参考情報

 

≫ 女性の更年期に起こりやすい症状
(↑30代向けの記事ですが症状は共通しています)

 

≫ 血行不良のセルフチェック

 

※どちらにも該当する方も多いかと思います。その場合は、ホルモンバランスの影響を考慮した「イクオス」をおすすめします。

 

理由として、育毛剤による血行促進作用よりは劣りますが、自分で頭皮マッサージをすることでも血流を促すことは可能だからです。イクオス+丁寧な頭皮マッサージで両方の原因をカバーできます。

 

≫ イクオスの特徴&使用感レビュー

 

育毛剤を継続使用すると、こんな変化が期待できる

 

 

実際に女性用育毛剤を使用した人の口コミやレビューを読んでみると、頭皮や髪の毛に、ある共通した「変化」を感じています。

 

この変化は私も経験済みで、薄毛が改善する前には「小さな変化」がいくつも現れます。

 

こんな変化があれば、もう少し!
  • 頭皮が潤っている感じがする
  • 抜け毛が少し減ってきた
  • フケ・かゆみが減ってきた
  • 産毛が生えてきた
  • 髪の毛が太くなってきた
  • 髪にハリ・コシが出てきた
  • 髪の毛がふんわりしてきた
  • 髪にツヤがでてきた
  • 分け目が気にならなくなってきた
  • ボリュームが少し出てきた

頭皮や髪の毛に上記のような変化が現れれば、頭皮環境やヘアサイクルが正常化してきているサインです。

育毛剤で頭皮ケアした場合の改善イメージ(個人差はあります)

  • 1〜2ヶ月:抜け毛が減る
  • 3〜5ヶ月:髪の毛にハリ・コシ・ツヤが出てくる
  • 6ヶ月〜12ヶ月:髪全体がボリュームアップ!

実際に使ってみた方のアンケートや口コミでも、育毛効果を感じる時期は「3〜6ヶ月」に集中しています。

 

そのため、1〜2ヶ月で変化がないからと諦めず、まずは「6ヶ月を目安」に、じっくりコツコツ頭皮ケアを続けてみましょう。

 

※目先の結果を気にしすぎるのはNG!ストレスの原因になってしまいます。

 

育毛を成功させるためには、「きっと改善する!」という前向きな気持も大切です。

 

マイナチュレの効果 より引用

40代〜50代、更年期の薄毛について

 

若い時はフサフサで髪の量が多かった女性でも、アラフォーと呼ばれる40代、そして50代更年期になると、抜け毛が増えたり髪が細くなったりと髪の悩みが急増します。

 

特徴としては、男性のようにM字型にはげたり、生際が後退したりするのではなく、髪の毛が全体的に薄くなってきます。

 

髪のボリューム不足を感じたり、鏡を見た時に頭頂部や分け目の地肌が透けて目立つので非常にがっかりするかもしれません。

 

この抜け毛・薄毛は、更年期に入りエストロゲン(女性ホルモン)が急激に減少することで引き起こされる症状で、更年期型脱毛症や瀰漫性(びまん性)脱毛症とも呼ばれ、女性の生理的老化現象の一つです。

 

エストロゲンの分泌量は40代半ばから大きく減少

 

それでは、更年期に入ってからの抜け毛や薄毛とどう向き合っていけば良いのか?

 

まず、加齢による女性ホルモンの減少は自然なことであり、それに伴う薄毛もまた自然な現象です。ですので、ビックリしたりストレスを感じたりせずに正しい対応をして行きましょう。

 

≫ 女性ホルモン減少による薄毛対策なら → この育毛剤が効果的

 

年代によって頭皮ケアに違いはあるの?

 

年代による効果的な頭皮ケア方法の違いは、例えば20代と40代を比べた場合は大きく違ってきます。

 

身体や肌が若い20代の場合は、頭皮もまだまだ元気な状態。加齢の影響で薄毛になっているわけではなく、偏った食事、睡眠不足、ストレスなどが主な原因です。そのため、生活習慣の見直しが有効な対策法になります。

 

しかし、年齢とともに身体や肌だけでなく頭皮も弱ってきます。これは、いわゆる「頭皮や髪の老化現象」ですが、40歳前後から始まる「女性ホルモン分泌の減少」によって顕著に現れます。

 

現状の薄毛が加齢によるものかどうかの判断は、頭皮以外のお肌の状態の変化をみると分かりやすいです。

 

普段から頭皮を鏡でチェックしている方は少ないですよね。そのため、昔と比べてどう変化しているのか気がつくことは難しいです。

 

でも、顔や手など普段から毎日見ているお肌の変化は自覚しやすい部分ですね。

 

加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ってくると、お肌の「シミ」「シワ」「たるみ」「乾燥」を感じやすくなります。

 

また、白髪が増えたり髪の毛が細くなったりするのも加齢の影響です。

 

お肌や髪の毛に老化現象が現れている場合は、頭皮環境も同時に弱ってきています。髪の毛を生成する土台となる頭皮が老いてくると、生えてくる毛髪にも変化が現れます。

 

特に、「細い・短い抜け毛」・「髪のうねり」・「白髪」は加齢による頭皮の老化の特徴です。

 

こういった症状に自覚がある方は、健康的な生活習慣(食事・運動・睡眠)に加えて、育毛剤などによる積極的な頭皮ケアが必要不可欠です。

 

40歳を過ぎて、スキンケアをまったくしない方はいないと思います。でも、頭皮ケアをしない方は多いはず。

 

顔と頭皮は同じ肌なので、何の対策もとらずにいれば老いていくばかり…。

 

なので、「化粧水・美容液・乳液」などで顔のスキンケをするように、頭皮も「育毛剤」などを使用して丁寧にケアしてあげてください。

 

育毛剤というとネガティブな響きがありますが、それは呼び方の問題で、働き的には「頭皮の美容液」と言えます。

 

最後に、40代と50代での頭皮ケアの違いですが、大きな差はありません。

 

共通して意識することは、弱っていく頭皮を少しでも健康で若く保つために、毎日継続してケアをする、ということです。

 

頭皮のアンチエイジングですね。

育毛剤を使った頭皮ケアはいつ始めればいいの?

 

この質問に対しての一般的な回答は、
「自分で頭皮ケアが必要かな?と感じた時」だと思います。

 

多くの方が頭皮ケアの必要性を感じる時

  • ひどい抜け毛が続いている
  • 地肌が透ける・毛量の減少など薄毛の症状
  • 頭皮の乾燥
  • うねり・パサつきなど髪質の悪化
  • フケ・かゆみ・臭いなどのトラブル

 

でも本当にベストなタイミングは、頭皮や髪の毛に異常が現れる前で、年齢的には30歳を過ぎたら始めておきたいものです。

 

その理由は「 ≫ 頭皮ケアや育毛剤って本当に必要?」でも書きましたが、顔の皮膚と同じように頭皮環境も年々老化していくからです。

 

頭皮環境の老化は髪の毛の成長の衰えを意味するので、それを防ぐ・遅らせるためにも、できるだけ早い時期からの育毛剤を使った頭皮ケアをおすすめします。

 

育毛剤による頭皮ケアの認識

 

現実
→ 薄毛の症状を自覚してから「改善・対策」として育毛剤を使用する

 

理想
→ 年齢とともに薄毛のリスクは高まっていくので、症状が現れる前から「予防」として育毛剤を使用しておく

 

▼ 秋・冬は、いつも以上に丁寧な頭皮ケアを心がけて

新しく育つ毛髪は、今生えている髪の毛が抜け落ちたのと同じ毛穴から生えてきます。(抜ける前からその下でスタンバイしている)

 

抜け毛が多い9月〜11月頃 → 多くの髪が生え変わる時期

 

この事を考慮すると、新しく生えてきた髪の毛を太く・長く育てるために「秋冬」は重要な時期と言えます。

 

また、秋冬は気温が下がりその影響で代謝・血行も悪くなるので、毛髪が育ちにくい時期にあたります。

 

ですので、秋冬はいつも以上に丁寧な頭皮ケアを意識して実践していきましょう。

 

育毛剤の使用以外の予防対策

 

大豆イソフラボンの摂取

エストロゲン(女性ホルモン)のような働きをすることで知られている大豆イソフラボンの摂取は、エストロゲンが減少し始める40代・50代の女性におすすめです。

 

(大豆イソフラボンは大豆食品 → 豆腐、納豆、豆乳やピーナッツなどの豆類に多く含まれています)

 

効率よく摂取するためのポイント

大豆イソフラボンが腸内細菌によって「エクオール」と呼ばれる成分に変換されることで女性ホルモンと似た働きをします。

 

しかし、体内でエクオールを作り出せる割合は、日本人の場合2人に1人「約50%」と言われています。

 

そのため、「エクオールをつくれない人」に該当した場合は、頑張って大豆食品を食べてもほとんど効果を得られません。

 

そこで最近話題になっているのが、エクオールを直接摂取できる「エクオールサプリメント」です。

 

エクオールの効果や摂取方法の詳しい情報は「≫ 女性に嬉しい成分「エクオール」について」を読んでみてください。

 

病院で診てもらう

自宅での頭皮ケアでは改善が難しいほど、薄毛の症状が進行してしまっている場合は、病院または頭髪専門のクリニックで、診断を受けてみるのも1つの選択です。

 

≫ 女性のひどい抜け毛・薄毛、病院は何科?

 

正しい頭皮用シャンプー選び

薬局やスーパーで安く買える一般的なシャンプーを使っている方は要注意。ご存知の方もいるかと思いますが、市販シャンプーの多くには「化学的に合成して作られた界面活性剤」が使用されています。

 

これらのシャンプーは、髪の毛のツヤ出しや指どおりは良くなるかもしれませんが、頭皮への影響を考えていませんから、髪の毛用のシャンプーであって頭皮用のシャンプーではないと言えます。頭皮に対してデメリットが非常に多くおすすめできません。

 

頭皮用シャンプーとして最もバランスが良いのは、適度な洗浄力で頭皮や髪の汚れを落としてくれる「アミノ酸系」のシャンプーです。

 

洗浄力が弱いので丁寧に洗髪する必要はありますが、必要以上に皮脂を取り過ぎることはなく、頭皮の乾燥からくるフケやかゆみ、炎症、抜け毛の予防に最適。

 

肌や頭皮と同じ弱酸性で洗い上がりのパサつきもなく、また保湿性も高いので地肌がつっぱりません。低刺激なので敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめできます。

 

特に抜け毛・薄毛の進行が深刻な人やコンプレックス度が高い人は、アミノ酸系シャンプーの使用をおすすめします。

 

薄毛をコンプレックスに思う=ストレスですので、効果・効率の良い商品で早め早めの対策を!市販のシャンプーと比べると高価ではありますが、髪と頭皮のため、必要経費だと思うようにしましょう。

 

≫ 抜け毛予防シャンプー(女性用)

 

頭皮マッサージ

抜け毛の予防や育毛・薄毛対策に効果的と言われている頭皮マッサージ。

 

指やブラシでポンポン叩いて刺激を与えたり、専用器具の利用、ヘッドスパに通うなど様々な方法があります。

 

その中で気軽に実践できてお金もかからない、そして、目的の効果を得られる方法をご紹介します。

 

≫ 簡単で効果的なセルフ頭皮マッサージ

 

ストレスを溜めない

ストレスは抜け毛・薄毛の大きな原因になってしまいます。
何事も前向き前向きに考え、ストレスを溜めないような生活を心がけていきましょう。

 

≫ 自分なりのストレス発散法を見つけましょう

 

十分な食事・運動・睡眠を取る

頭皮ケアで大切な事は「髪への栄養補給を行なうこと」と「頭皮の血行を促進すること」

 

栄養バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠を取ることは、頭皮への栄養補給と血行促進につながり、抜け毛予防や薄毛対策に効果があります。

 

※運動が苦手な方は、無理に激しいスポーツなどはせず、ウォーキングやジョギング程度で十分です。

 

車や自転車を使っていた買い物を徒歩にするとか、ちょっと早起きして散歩してみるなど体を動かす意識を大切に。

 

≫ エアロバイク・ウォーキングで運動不足解消

 

元気な髪の成長に必要な[4大栄養素]

 

【タンパク質:髪の毛の主成分】

 

人が生きていくためには、身体の様々な部分でタンパク質が必要になります。

 

そのタンパク質の供給は、生命維持に直結する重要な器官から優先して行われるため、爪などと並んで最低ランクの髪の毛に届くのは最後の最後に。

 

▼ 不足するとどうなるの?

 

供給が後回しにされる髪の毛には、供給されないことに。

 

髪の毛はケラチンというタンパク質から作られるため、不足すると髪の毛が生えてこない・伸びないという最悪な状況に…

 

▼ タンパク質が豊富に含まれる食品

 

肉、魚、卵、牛乳、ごま、豆腐、など

 

※肉類など動物性タンパク質の摂取が多すぎると、血液がどろどろになって血行が悪くなってしまいます。(カロリーも高めなので、肥満の原因にも)

 

血行不良=抜け毛・薄毛の原因になるので、お肉だけでなく、お魚や豆類などバランスのよい摂取を心がけましょう。

 

【亜鉛:タンパク質を髪に変える働き】

 

亜鉛は、「タンパク質 → 髪の毛」の生成過程で重要な役割を担っています。

 

不足すると新陳代謝が低下して、抜け毛が増えたりお肌や爪のトラブルを引き起こす原因に。

 

▼ 亜鉛が豊富に含まれる食品

 

()内は100gあたりに含まれる亜鉛の目安量

 

牡蠣(15mg)、ビーフジャーキー(8mg)、レバー(7mg)、卵黄(4mg)、牛肉(3〜5mg 部位による)、カニ(3〜5mg 種類による)、チーズ(3mg)など。

 

含有量が一番多いのは牡蠣がダントツ!100gあたり約15mg。

 

▼ 1日の摂取目安はどのくらい?

 

成人女性の場合は、10〜15mgあたりが目安となります。

 

【各種ビタミン:血行促進、老化防止】

 

ビタミンは、正常な頭皮環境や元気な髪の毛を維持するために必要な栄養素です。

 

※ビタミンには色々な種類があるため、ここでは代表的なものだけを記載します。

  • ビタミンA (レチノール):頭皮の新陳代謝促進(不足すると乾燥の原因に)
  • ビタミンB群:タンパク質→髪の毛 の変換時に必要
  • ビタミンC:髪を太くするコラーゲンの生成をサポート、ストレスの抑制
  • ビタミンE:血管拡張・血液をサラサラに

 

【ミネラル:髪の毛を健康に育てる、潤す】

 

▼ ミネラルが多く含まれる食品

 

海藻類、果物、野菜、きのこ類に多く含まれています。

 

髪の毛に良いと言われているのは「海藻類」ですね。ひじき・ワカメがおすすめです。

 

このページ内で紹介した育毛剤

 

イクオス(IQOS)

≫ お得な販売ページ

 

使用感レビュー

 

 

≫ トップページへ戻る