30代女性の薄毛対策と育毛剤の選び方

 

解説を飛ばしておすすめ育毛剤をみる ≫

 

30代女性

30代は、若くもなく高齢でもない、非常に難しい年代です。

 

お肌や身体も歳を重ねるとともに悩みが増え、本格的に自分の容姿が気になり始めるのもアラサーと呼ばれる20代後半〜30代半ばから。その中で最近とくに増えているのが、髪の毛の悩みです。

 

以前より髪が細くなりボリュームもダウン、そのせいでスタイリングが決まらない…

 

髪のハリ・コシも減って、分け目や生え際の地肌が透けて目立つようになった…

 

など、30代と決して高齢ではない女性でも、多くの方が髪に不安を抱えています。

 

 

女性の薄毛に関する掲示板をみていると、髪の細毛化、ハリ・コシの低下、髪質の変化(うねりやパサつき)、頭皮が脂っぽくなった、頭皮臭が気になるなど、頭皮環境や髪質の変化を感じ始める年齢は「30歳過ぎ」が最も多くなっています。

 

原因としては、エストロゲン(女性ホルモン)の減少による老化現象、遺伝や体質、生活習慣の乱れ、間違ったヘアケア、精神的・肉体的ストレスなど様々あげられています。

 

この様に色々な原因が考えられる中で、育毛剤を選ぶときに気をつけたいポイントがあります。

 

30代女性が育毛剤を選ぶ際のポイント

候補となる育毛剤の種類は2つ

 

1つ目、

 

生活習慣やストレスなどによる頭皮環境やヘアサイクルの乱れを改善してくれるもの。

 

これは主に、頭皮の血行促進や保湿を良くする成分が配合された育毛剤です。

 

≫ このタイプの育毛剤紹介へ

 

 

2つ目、

 

加齢による薄毛、頭皮環境や髪質の老化現象をケアしてくれるもの。

 

これは、血行促進の他に、女性ホルモンに似た働きを持つ成分、男性ホルモンの影響をブロックするような成分を含んだ育毛剤です。

 

≫ このタイプの育毛剤紹介へ

 

 

この2種類の候補から考えるとき、30代はとても微妙な年代で、「加齢による薄毛」を何歳からと解釈するかです。

 

10代・20代なら1つ目。40代以上なら2つ目でしょう。

 

30代は?というと、これは人それぞれで、今の状態(特に女性ホルモンの分泌量)を考慮して選ぶ必要があります。

 

 

産後の抜け毛を経験された方はご存知かと思いますが、女性ホルモンと髪の毛には密接な関わりがあり、ホルモンの分泌量が減少したり乱れたりするとヘアサイクルにも異常がでてきます。

 

その結果、ひどい抜け毛や髪質の変化などの頭皮トラブルにつながり、何の対策も取らなかった場合はひどい薄毛へと進行してしまうケースも多々あります。

 

 

年齢と女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量推移

 

上のグラフは、年齢と女性ホルモンの分泌量の増減推移を示したものですが、赤線の30歳前後のゾーンをみると、40歳を過ぎるまでは十分な分泌量があります。

 

この推移をみると、30代は基本的に「加齢による女性ホルモンの減少」はあまり意識しなくても大丈夫そうですね。

 

それを考慮すると、生活習慣の乱れやストレスからくる薄毛に適している ≫ 1つ目のタイプの育毛剤 を選択したほうが、期待できる「抜け毛予防」「薄毛改善」の効果は高くなります。

 

30歳ピーク説

女性ホルモンの分泌量のピークを30歳とするデータもあります。

 

 

そのデータを参考にするなら、30歳(グラフ赤線)はすでに加齢期の始まりと判断できるので、≫ 2つ目のタイプの育毛剤 を選ぶという選択肢もあります。

 

近年、女性の薄毛の若年化が急激に進んでいることを考えると、30歳ピーク説もかなり信憑性はありそうです。

 

(お肌の曲がり角を意識する年齢も25〜28歳と言われており、また、顔と頭皮は一枚肌ということを考えると、その頃から頭皮の老化もはじめることになります)

 

 

年齢によるホルモンバランスの変化

 

 

上のグラフは、年齢と性ホルモンの分泌量の増減推移を示したものですが、赤線の30歳付近をみると、女性ホルモン(ピンク線)の分泌量が徐々に減っていくのが分かります。

 

一方、女性の体内にも存在している男性ホルモン(青線)の分泌量はあまり変動がありません。

 

その結果、

 

30歳過ぎた頃から、男性ホルモン(薄毛要因)の影響を受けやすくなります。

 

とは言え、性ホルモンの分泌バランスや身体の老化現象には個人差がつきものです。

 

ですので、まずは下に書いた「 ≫ 女性の更年期に起こりやすい症状」をチェックしてみてください。

 

心当りのある項目が多い場合は、女性ホルモンの分泌量が減ってきている可能性も高くなるので、育毛剤のタイプも2つ目を選んだ方がより高い効果を期待できる傾向にあります。

 

30代から要注意の「プレ更年期」

 

エストロゲンの分泌が急速に減少しはじめる更年期(一般的に45歳〜55歳)の前の期間でも、少しずつ分泌量が減っていきます。(減少スピートには個人差あり)

 

減少時期やスピードが早い方、また、体質や体調によっては30代から更年期のような症状が出始めます。

 

これは「プレ更年期」と言われ、本格的な更年期に突入する前の予兆ともいえる時期です。

 

 

女性ホルモンの減少は抜け毛・薄毛だけでなく、色々な部分で影響がでてきます。

 

肌のハリ・ツヤ、弾力、潤いがなくなる。バストが垂れる。身体がだるい・疲れやすい。月経不順。精神的なバランスが崩れやすくなる。など様々。

 

上のようなことを考えると、抜け毛や薄毛など頭髪以外にも更年期の症状を自覚している人は、「加齢による薄毛」に効果的な ≫ 2つ目のタイプの育毛剤 を選んだほうが良いでしょう。

 

女性の更年期に起こりやすい症状

 

抜け毛・薄毛以外にも下記のような症状を複数感じている場合は、女性ホルモン減少による頭皮トラブルの可能性が高まります。

 

身体の異変

 

生殖器系の症状
  • 生理不順(月経不順)
  • 不正出血
  • 膣の乾燥感
  • 性交痛
  • 性欲低下
身体の冷え・むくみ
  • 足がむくんで戻りにくくなった
  • 下半身だけ冷える感じがする
  • 寝起きで顔や目がはれやすくなった
身体のコントロールが効かない
  • 体温調整(急に熱くor寒くなる)
  • 多汗・発汗調整(急に汗をかく・寝汗)
  • 耳鳴りや目まいがひどい
  • 家事や仕事中、急に心臓がドキドキする
  • 便通(便秘・下痢がひどくなった)
  • 頭痛・頭が重い
  • ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・汗)
  • 動悸・息切れ
  • 耳鳴り
  • 立ちくらみ
  • 知覚鈍麻(ちかくどんま)・知覚過敏
筋肉や骨の衰え・関節の痛み
  • 関節が痛む(特に手首や膝)
  • 寝違えのような首の痛みが増えた
  • 肩こり・腰痛
  • 手足のしびれ
  • 疲れやすい
皮膚・粘膜の変化
  • 目の疲れ・かゆみ・かすみ
  • 以前より皮膚が敏感になった
  • 鼻のグズグズ
  • 口の中の乾きが増えた
  • 皮膚の乾燥・かゆみ
  • 肌のシミ・くすみ

 

心のコントロールが効かない

 

気持ちが情緒不安定な状態
  • ちょっとしたことでイライラする
  • やる気が出ない
  • すぐクヨクヨする
  • すぐ落ち込む
  • なぜか不安になる
  • 寝付きが悪くなった・不眠
集中が続かない・ボーッとする
  • 集中力が続かなくなった
  • 家事や仕事で作業に時間が掛かるようになった
  • 物忘れがひどい
  • 仕事や家事で簡単なミスが増えてきた
  • 判断力が鈍ってきた
  • 常に眠い

 

該当する症状が多かった人は「更年期」に突入している可能性が高いので、≫2つ目のタイプの育毛剤 をおすすめします。

 

今、30代の女性に選ばれている育毛剤

 

以下は、私も使用済みで体験レポートも書いてある商品のみです。

 

効果には個人差があるので、実際に使って頂いてからの判断ですが、配合成分から期待できる効果や使用した感じの感触が良かったものを厳選しています。

 

産後の抜け毛対策が目的の方はこちら ≫

 

1つ目のタイプの育毛剤

 

(幅広い年齢層・オールマイティタイプ)

 

花蘭咲(からんさ)

 

血流促進作用の高い特許成分を配合

 

 

生活習慣やストレスによる頭皮環境の悪化、抜け毛の増加、薄毛の進行、髪質の悪化は頭皮の血行不良が主な原因と言われています。

 

また、女性は冷え性の人やあまり運動をしない人も多いため、新陳代謝が低下して血流が停滞しがちに。

 

過度な飲酒や喫煙も血液をドロドロにして血流を悪化させます。

 

血液は体中をめぐったいるため、頭皮の血行も悪化して、髪の成長に必要な栄養分や酸素が届かなくなってしまい、頭皮トラブルが増えることに。

 

それを防ぐためには、何よりもまず頭皮の血行を良くしてあげることが重要になってきます。

 

そこで話題になっているのが、専門機関の成分分析でも「高い血行促進作用」が確認された、エビネ蘭エキスをタップリ配合した薬用育毛剤です。

 

私も実際に試してみましたが、頭皮に塗布してすぐに「ぽかぽか感」があるのを確認しました。(ぽかぽか感=血行促進)

 

今まで30種類以上の女性向け育毛剤を試してきた中で初めての体験でした。

 

≫ 詳しい商品情報はこちら

 

 

マイナチュレ

 

頭皮にやさしい安心・安全な育毛剤

 

 

女性用育毛剤の定番といえばこのマイナチュレ。世界基準の品質審査をクリアした安心・安全な無添加育毛剤です。

 

抜け毛・薄毛で悩む30代女性からも高い評価を得ていて、リピーターがとても多い商品(180日間の返金保証あり)

 

≫ 詳しい商品情報はこちら

 

 

2つ目のタイプの育毛剤

 

(頭皮・髪のエイジングケア)

 

イクオス

 

早い人は1ヶ月で発毛促進を実感

 

 

近年増えている女性の男性型脱毛症(FAGA)との相性もいい、天然無添加の育毛剤。

 

女性の男性型脱毛症(FAGA)

 

専門機関(千葉頭皮環境研究会)での調査データでは、利用者の78%が3ヶ月以内に発毛促進を実感しています。(早い方は1ヶ月以内)

 

≫ 詳しい商品情報はこちら

 

 

デルメッド ヘアエッセンス

 

女性ホルモンの働きに着目して開発

 

 

年齢とともに髪が細く抜けやすくなり、ハリ・コシ不足に。さらに、分け目や頭頂部の地肌が透けて見える…

 

そんな「女性特有の薄毛の悩み」を改善するのにピッタリな育毛剤が「デルメッドヘアエッセンス」です。

 

≫ 詳しい商品情報はこちら

 

 

30代女性の薄毛対策のポイント

 

女性の薄毛は、いわゆる男性のハゲとは違い、髪の毛がまったく生えてこないというケースはほとんどありません。(服薬や病気による脱毛は除く)

 

とは言え、実際に髪が薄くなって、分け目や頭頂部の地肌が目立つようになったり、おでこ・前髪付近の生え際が後退してくると、

 

「これ以上に薄毛の症状が悪化したら、恥ずかしくて人前に出られなくなる…」

 

と不安になるものです。

 

不安になると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていき、そのストレスもまた髪の成長を妨げる要因になってしまいます。

 

女性の薄毛は改善率が高い

 

頭皮の毛穴がまったく機能しなくなって(老化・損傷ダメージなど)、毛髪が生えてこなくなると、サザエさんの波平さんのようにツルツルになってしまいますが、それは男性の場合で女性は違います。

 

女性の薄毛は正確には「薄く見える」というのが正解です。

 

健康な状態だと1つの毛穴から2〜3本生えているのに、頭皮環境やヘアサイクルが乱れていると、1本しか生えていない毛穴が目立ってきます。

 

また、髪の毛1本1本が細かったり、太く長く成長する前に細く短い状態で抜け落ちてしまったり、産毛のような軟毛が多くなったりします。

 

毛穴から1本しか生えてこない、毛髪が細い、短い抜け毛が多い状態だと、毛量が少なく見えるので、結果的に頭皮が透けて薄く見えてしまいます。(男性の場合は毛が生えてこない)

 

この不健康な頭皮や毛髪の主な要因は、「不規則な生活習慣(食事・睡眠・運動)」「血行不良」「加齢による老化減少(女性ホルモンの分泌低下)」「ストレス」です。

 

これら薄毛の要因のうち、自分はどれに該当しているのかを把握して、それを改善する対策をしていけば(治るまでの期間には個人差はありますが)、ボリュームのある髪の毛を取り戻すことができます。

 

効果的な薄毛対策って?

 

ケア方法に関しては、あまり難しく考える必要はありません。

 

「身体に良い行為は頭皮や毛根にも良い影響を与える」

 

このことを意識して、身体に悪いこと(不健康)を少しずつ排除して、身体に良いこと(健康)を増やしていってください。(育毛剤の使用と並行して)

 

例をあげると、

身体を冷やす行為は不健康→頭皮に悪影響→薄毛の原因

 

「冷え」は血流が悪くなり、頭皮にも栄養や酸素が届かなくなります。できるだけ身体を冷やさない意識を持ちましょう。

家からあまり出ない・運動不足は不健康→頭皮に悪影響→薄毛の原因

 

運動不足は身体の代謝が低下して血流も悪くなります。軽いストレッチやウォーキングなど簡単にできる運動でもよいので、代謝をあげる意識を持ちましょう。

 

このように、不健康な行為のほとんどが薄毛の原因になります。

 

不健康な行為を減らし健康的な行為を増やせば、薄毛の原因も減っていくので、自然と改善していきます。

 

なので、薄毛を改善する(育毛)はあまり難しく考え過ぎずに、育毛剤を使用しながら、今までの不健康な生活習慣を少しずつ見直していってください。

 

その努力に対する結果は、数カ月後の髪の毛に現れます。

 

きっと良い結果が待っている!と前向きな気持ちを忘れずに、健康的な毎日を送りましょう。

 

それが最も効果のある育毛方法です。

 

 

具体的な薄毛改善法を求めていた方には、物足りない内容だったかも知れません。

 

でも、上の記事で何度も述べた「健康的な生活習慣」を心がけることが、何よりも効果が高い育毛方法なのは、真実です。

 

生活習慣には個人差があり、具体的に〜を見直しましょうとは言えませんが、(育毛剤を使用しながら)自覚している不健康な生活習慣を減らしていけば、少しずつでも抜け毛や薄毛は改善していきます。

 

きっと良くなる!と信じて、前向きに。

 

このページ内でご紹介した育毛剤

 

花蘭咲(からんさ)

「高い血行促進作用が魅力」

≫ 公式販売ページ

使用感レビュー

 

マイナチュレ

「無添加・低刺激・無香料」

≫ 公式販売ページ

使用感レビュー

 

 

イクオス

「早い人は1ヶ月で実感」

≫ 公式販売ページ

使用感レビュー

 

デルメッド

「女性ホルモンの働きに着目」

≫ 公式販売ページ

使用感レビュー

 

 

≫ トップページへ戻る